タイトル クリムト展 ウィーンと日本1900
日時 2019年4月23日(火)〜 7月10日(水) 9:30-17:30 ※但し、金曜日は20:00まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、 6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)
会場 東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)企画展示室
料金 一般 1,600円、65歳以上 1,000円、大学・専門学校生 1,300円、高校生 800円、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tobikan.jp
展覧会公式ホームページ https://klimt2019.jp

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつ作品で知られる。没後100年、日本とオーストリアの友好150周年を記念して開催される本展では、クリムトの初期の自然主義的な作品から、クリムトが中心となった分離派結成後の黄金様式の時代の代表作のほか、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、本展のメインビジュアルを飾る《ユディトⅠ》をはじめ、《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》、《女の三世代》、《アッター湖畔のカンマー城III》、《オイゲニア・プリマフェージの肖像》など、日本では過去最多となる25点以上の油彩画が公開される。さらには、ウィーンの分離派会館を飾る壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な複製による、全長34メートルにおよぶ再現展示も見どころ。
このほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせて展示され、ウィーン世紀末美術の精華を総覧できる。
会期初日には、本展のために多くの所蔵作品を提供したベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館の学芸員で、本展監修者を務めるマークス・フェリンガー氏による記念講演会も開催される(聴講無料、但し本展の観覧券(半券可)要。当日13:00より講演会場講堂前で整理券を配布、定員になり次第、受付終了)。
これほどの規模でクリムトの作品を東京で見ることができるのは、かつて西武百貨店池袋本店にあったセゾン美術館のこけら落とし展「ウィーン世紀末 クリムト、シーレとその時代」以来、30年ぶり。東京都美術館での会期終了後、愛知県豊田市美術館に巡回する。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京都美術館 クリムト展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月20日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。