タイトル ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日時 2019年4月24日(水)~8月5日(月)
開館時間 10:00-18:00(入場は各日とも閉館30分前まで)
※4・5・6月の毎週金・土曜は20:00まで、7・8月の毎週金・土曜は21:00まで
※4月28日(日)~5月2日(木)、5月5日(日)は20:00まで
※5月25日(土)は「六本木アートナイト2019」開催にともない、22:00まで
休館日:火曜(4月30日を除く)
会場 国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区六本木 7-22-2)
料金 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.nact.jp
展覧会ホームページ https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の豪華絢爛な文化が開花した。画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1870-1956)、アドルフ・ロース(1870-1933)のほか、音楽や精神医学などの分野からも、今日までその業績を讃えられるような人物が数多く登場し、ウィーンは文化的にも都市としても黄金期を迎える。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこれらの輝きは、19世紀末に集中してみられたものの、彼らを輩出した背景として、何世紀もかけて「華の都」をかたちづくってきたウィーンの歴史性を見逃すことはできない。本展では、18世紀のオーストリアを治めた女帝マリア・テレジアの時代に培われた啓蒙思想が、ビーダーマイアー時代(ナポレオン戦争集結後にヨーロッパの地図が再編されたウィーン会議以降、1848年に革命が勃発するまでの期間)に発展し、のちのウィーンのモダニズム文化の萌芽となり、19世紀末の装飾的で煌びやかな芸術運動につながっていく軌跡を、4つの章立てで紐解いてゆく。

本展は、日本、オーストリアの外交樹立150周年を記念して開催されるもので、東京の国立新美術館での会期終了後は、大阪の国立国際美術館に巡回し、ウィーン・ミュージアム(旧称ウィーン市立歴史博物館)が所蔵する作品を中心に、個人蔵の作品を含めて、東京会場では約400点、大阪会場では約300点が出展される。
クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点(大阪会場ではクリムト18点、シーレ11点、ココシュカ8点)が公開されるほか、ウィーンが芸術都市へと発展するきっかけとなった、19世紀半ばに時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が進めた都市改造計画にも着目した展示を行なう。絵画、建築、応用芸術、音楽、インテリア、ファッションに関する作品や貴重な資料など、ウィーン世紀末のコレクションをオーストリア国外で目にすることができるまたとない機会となる。
関連イベントとして、展覧会初日の14時から、ウィーン・ミュージアム副館長ウルズラ・シュトルク氏による特別講演会も開催される(当日先着260名、詳細はホームページ参照)。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「国立新美術館 ウィーン・モダン展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月20日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。