タイトル 特別展示 名和晃平 Foam
日時 2019年4月27日(土)~8月25日(日) 10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開場)、5月7日(火)、7月16日(火)
会場 金沢21世紀美術館(石川県金沢市広坂1-2-1)展示室13
料金 本展に限り入場無料
電話番号 076-220-2800
会場URL http://www.kanazawa21.jp

透明なガラスビーズやプリズムシートなどの素材を用いて、彫刻の固定概念を打ち破る作品を発表してきた名和晃平(1975-)。昨年は、フランス・ルーヴル美術館のピラミッド内に巨大彫刻作品《Throne》を展示したことでも大きな話題を集めた。
今回の特別展示では、「あいちトリエンナーレ2013」で大きな反響を呼んだ、泡と光のインスタレーション作品《Foam》の最新バージョンが披露される。 《Foam》は、次々と終わりなく湧き出る小さな泡が次第に寄り集まり、泡の集合体(フォーム)として有機的な構造を自律的に形成してゆく様子を表現した作品。生成と消滅というシンプルなプロセスを繰り返す個々の泡は、代謝や循環を支える細胞の本質的な振る舞いと類似しており、見る者に生命の根源を連想させる。入場無料。

《Foam》 installation view, “FUKAMI ‒une plongée dans lʼ esthétique japonaise”,
Hôtel Salomon de Rothschild, Paris, France, 2018
music: HARA Marihiko photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH ©NAWA Kohei



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。