タイトル 岡本太郎と日本の伝統
日時 2019年4月27日(土)〜6月30日(日) 9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)、8日(水)
会場 川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1-5)
料金 一般 900円、高校・大学生・65歳以上 700円、中学生以下無料
電話番号 044-900-9898
会場URL http://www.taromuseum.jp

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において、縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を受けた。その翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話-縄文土器論」を発表。これに端を発して、岡本はいわゆる「わび」「さび」とは異なる、他の東アジア地域からの文化的影響を受容する以前の、本来の日本の文化、日本人の美意識とは何かについて考察を深め、1956年の著書『日本の伝統』に結実させる。同書の執筆のために岡本は、本来の日本と考えた文化事象について、自らシャッターを切ってカメラに収めている。それらの写真ー縄文土器や土偶、京都の古刹の中世の庭などは、岡本が撮影した写真のなかでも、記録性を超えた、高い写真芸術の域に達している。
本展は、著書『日本の伝統』を手掛かりに、4つの章立てで、今日に生きる私たちにとっての「日本の伝統」とは何かを改めて問いかける。新たにプリントされたものを含む岡本の写真約190点が展示されるほか、1950年代当時の文化的状況において、岡本の『日本の伝統』が果たした役割や、岡本自身の作品にみられる変化についても考察する。また、第4章では「伝統とは創造である」とした岡本太郎の精神を受け継ぐ3名の現代美術家(小沢剛、鈴木伸吾、天明屋尚)の作品も展示する。

第1部 縄文の発見
第2部 中世の庭~矛盾の技術~
第3部 光琳論~伝統とは創造である~
第4章 今日の「日本の伝統」の芸術

関連イベントとして、6月2日(日)10時より、かわさき宙と緑の科学館にて「日本美術にとって伝統とは何か」と題した講演会なども開催される(参加方法など詳細はホームページ参照)。

岡本太郎撮影《桂離宮》1955年11月20日



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。