タイトル 没後200年記念 増山雪斎展
日時 2019年4月20日(土)~6月16日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
※会期中、展示替えあり
会場 三重県立美術館(三重県津市大谷町11番地)
料金 一般 900円、学生 700円、高校生以下無料
※障害者手帳等をお持ちの方およびその付き添いの方1名は観覧無料
※毎月第三日曜日「家庭の日」は団体料金に割引あり
電話番号 059-227-2100
会場URL http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

伊勢国長島藩の五代藩主であり、書画にも長けていた文人大名・増山雪斎(正賢、1754-1819)の画業と業績を辿る展覧会。2019年は雪斎の没後200年にあたる。伊勢に関わりのある画家の作品もあわせて紹介する。
雪斎の代表作といえる作品が、現在は東京国立博物館に所蔵され、本展ポスターにも一部が使用されている、昆虫や爬虫類を雪斎ならではの着眼と筆の冴えで写実した《虫豸帖》(ちゅうちじょう)である。1801年(享和元年)に雪斎が藩主の座を退いて江戸の下屋敷に隠居してのち、約5年の歳月をかけて描いたもので、画人としての確かな技量と、美術と科学の視点が混在する美意識、小さないのちへ向けられた細やかな眼差しなどがみて取れる。
本展では、この《虫豸帖》のほか、《草花蜻蛉図》、《猫図》、《蘭図扇面》など、個人蔵を含む、今回が展覧会初出品となる作品も多数、観覧することができる(会期中、展示替えあり。《虫豸帖》は2週間ごとに場面替えあり)。江戸時代中期の豪商で知識人でもあった木村蒹葭堂(きむらけんかどう)をはじめとする大坂画壇と雪斎との関係や、各地の文人との交流にも焦点をあて、その多彩な絵画作品と共に、雪斎の業績を改めて振り返る。
また本展は、昆虫・植物の標本を数多く所蔵する三重県総合博物館の協力を得て、雪斎作品にみられる昆虫や植物の標本展示を博物館にて行なうほか、同館学芸員によるギャラリートークなども開催される。関連イベントとして「雪斎 風雅を愛でる」と題した特別講演会も開催(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「三重県立美術館 増山雪斎展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月20日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。