タイトル ある編集者のユートピア
小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校
日時 2019年4月27日(土)~6月23日(日)10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(但し、4月29日[月・祝]〜5月6日[月・振替休日]は開館)、5月7日(火)
会場 世田谷美術館 1階展示室(東京都世田谷区砧公園1-2)
料金 一般 1,000、65歳以上 800円、大高生 800円、小中学生 500円
※障害者の方は500円(団体の場合300円)、大高中小生の障害者の方は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.setagayaartmuseum.or.jp

本展は、19世紀後半のイギリスで活躍したウィリアム・モリスの芸術運動をめぐる様々な考察を、日本を舞台に展開させたひとりの編集者と、その周辺の活動を紹介するもの。本展のサブタイトルにもあるとおり、ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校の3章立てで構成される。
小野二郎は1929年生まれ、東京大学を卒業後、弘文堂を皮切りに編集活動を開始し、大岡信や澁澤龍彦などの「現代芸術論叢書」を担当した。1960年に晶文社を立ち上げ、ヴァルター・ベンヤミンやポール・ニザンなどの著作をいち早く日本に紹介したほか、ジャズやロック、映画関連の書籍なども出版している。これらの活動は、1960年代から80年代にかけての出版文化に少なからぬ影響を与えた。
小野の活動の根底には、1982年に52歳で早逝するまで生涯を通して追い求めたモリスのユートピア思想があった。本展では、この根本的理念を通奏低音として、芸術と社会との関係性などについて再考を促すために、都市と建築の持つ社会的な意味を追求したセルフビルドの思想を、ビジュアルなかたちで構成(編集)する展示となっている。小野が手がけたもののひとつ、平野甲賀の装幀や、小野が夢を託した高山建築学校に関する展示に加え、同校の中心人物の一人である建築家の石山修武の自邸《世田谷村》の模型や、川俣正の作品《ピープルズ・ガーデンのためのプラン》なども出展される。
関連イベントとして、石山が登壇する講演会や、ワークショップなども開催される(詳細はホームページ参照)。

『小野二郎著作集』 装幀:平野甲賀、晶文社 1986年
[世田谷美術館蔵] 撮影:上野則宏

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「世田谷美術館 ある編集者のユートピア展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年5月20日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。