タイトル トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美
日時 2019年6月14日(金)~7月28日(日)
9:30-17:00(但し、6月中の金・土曜は20:00まで、7月中の金・土曜は21:00まで開館。各日とも入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、7月15日[月・祝]は開館し、翌日7月16日[火]休館)
会場 京都国立近代美術館(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26-1)
料金 一般 1,500円、大学生 1,100円、高校生 600円
中学生以下、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書)
電話番号 075-761-4111
会場URL http://www.momak.go.jp
展覧会特設サイト https://turkey2019.exhn.jp/

アジアとヨーロッパにまたがるトルコ(現在のトルコ共和国)は、古来より交易の要地として栄え、20世紀初頭まで数百年間にわたり、イスラムの大国・オスマン帝国が隆盛した。1453年にメフメト二世によって、現在も首都であるイスタンブルに建設されたトプカプ宮殿は、1924年のトルコ共和国建国時に博物館となり、9万点を超える美術工芸品のコレクションは、往時のスルタンの暮らしぶりとともに、多様な文化を受け容れながら比類ない美を育んできた帝国の栄華を今に伝えるものである。
トプカプ宮殿の建築装飾のほか、武器や装身具に至るまで盛んに用いられたアイコンがチューリップである。トルコ原産とされ、現代のトルコ国花でもあるこの花は、トルコ語で「ラーレ」といい、アラビア表記の文字を置き換えると「アッラー」となり、逆さから読むとトルコ国旗にも取り入れられている「三日月」を意味する。宗教的にも、また偶像崇拝が禁じられたイスラム教下においても重要な花として、代々のスルタンに愛され、品種改良も盛んに行なわれた。本展に出品される宝飾品、工芸品、武器、書物などの品々、宮殿内の写真にも「ラーレ(チューリップ)」を象った見事な造形を見ることができる。総数約170点の美術・工芸品のほとんどが初来日。明治期にトルコに渡って以来、里帰りとなるものも展示され、両国の友好の歴史にも光をあてながら、オスマン帝国が長らく培ってきた文化、芸術観、美意識の高さなどを総覧する。
本展は、今年3月から5月にかけて、東京の国立新美術館で開催された展覧会の巡回展。会期中は、計3回の講演会や、担当学芸員によるギャラリートークも開催される。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「京都国立近代美術館 トルコの至宝展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年7月1日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。