タイトル 没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―
日時 2019年7月2日(火)~8月25日(日)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで。入場受付は各日とも閉館30分前まで)
休館日:8月5日(月)
会場 千葉市美術館(千葉県千葉市中央区中央3-10-8)
料金 一般 1,200円、大学生 700円、小・中学生、高校生無料
本展の有料チケット半券の提示で会期中2回目以降の観覧料2割引き
電話番号 043-221-2311
会場URL http://www.ccma-net.jp

北大路魯山人《日月椀》 1937(昭和12)年
世田谷美術館(塩田コレクション)

京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻(てんこく)の分野で活動していたが、1915(大正4)年に作陶を体験したのをきっかけに、生来の食に対する関心から、「料理の着物」としてのやきものの制作に向かう。それは単なる食器づくりにとどまらず、中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とする日本の文化の伝統にも触れ、やがて陶芸の古典復興を代表する存在となっていく。自らも包丁を握り、理想とする美と食の実現に邁進した魯山人は、生前から好悪さまざまな評価にさらされたが、斬新かつ大胆な絵付けのやきものや漆器など、膨大な数を世に送り出し、後世にも影響を与えた。
本展では、北大路魯山人ゆかりの名料亭として知られる名古屋の八勝館が所蔵する作品と、世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、魯山人の代表作ともいえる器の数々が披露される。加えて、川喜田半泥子(1878-1963)、石黒宗麿(1893-1968)、荒川豊蔵(1894-1985)、八木一夫(1918-1979)といった魯山人と同じ時代を生きた陶芸家たちの作品を展示するほか、日本に陶芸文化をもたらし、彼らが学んだ中国大陸、朝鮮半島、日本の古陶磁もあわせて展示し、昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を見つめ直す(会期中、一部展示替えあり)。
会期中、講演会やワークショップなどの関連イベントも開催される(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「千葉市美術館 北大路魯山人展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年7月22日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。