タイトル アペルト11 久野彩子 都市のメタモルフォーゼ
日時 2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
休場日:月曜(但し、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開場)、7月16日(火)、9月17日(火)
会場 金沢21世紀美術館 長期インスタレーションルーム
(石川県金沢市広坂1-2-1)
料金 入場無料
電話番号 076-220-2800(代表)
会場URL http://www.kanazawa21.jp

展覧会ポスターの作品:《metropolis》2015年
©KUNO Ayako
collection of NANATASU GALLERY

若手作家を中心に、個展形式で紹介する金沢21世紀美術館の展覧会シリーズ「アペルト」の11回目。本展では、金属を扱う造形作家、久野彩子(くの あやこ/1983-)にスポットをあてる。
久野は主に、奈良の大仏の鋳造にも用いられていた鋳造技法で作品を制作している。このロストワックス鋳造とは、ロウで作った精密なカタチを鋳物に置き換える手法で、硬質で重厚な金属の質感とともに、細部にまで技巧を凝らした表現が可能。東京の地図や、建設途中の建造物が密集する都市空間を想起させる、移ろいゆく都市の姿を表現した作品を制作する久野は、これまでに、第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ 金沢・世界工芸コンペティション入賞(2017)、第9回佐野ルネッサンス鋳金展奨励賞(2017)など多数の受賞歴がある。
東京で生まれ育ち、現在も東京に暮らす久野は、現代の変わりゆく都市空間を、力強さや希望を感じさせるひとつの大きな生命体のようだと捉えている。今回の個展では、ロストワックス鋳造技法や、石膏埋没鋳造技法を用いて制作された、これまでの代表作や、未来都市を想起させる半球、日本全国の都道府県をモチーフにした近作の展示に加え、本展のために制作された新作も披露される。新作《skyline-TOKYO-》は、空を背景とした東京の建築物のアウトラインを鋳造で浮かび上がらせたもの。これらの作品群を通して、久野が思い描く、未来への希望を込めた都市の風景を展覧する。

《transform-hemisphere-》2018年
©KUNO Ayako



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。