タイトル 横浜美術館開館30周年記念  生誕150年・没後80年記念
原三溪の美術 伝説の大コレクション
日時 2019年7月13日(土)〜9月1日(日)10:00-18:00(但し、金・土曜は20:00まで開館。各日とも入館は閉館30分まで) 休館日:木曜
会場 横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)
料金 一般 1,600円、大学・高校生 1,200円、中学生 600円、小学生以下無料
電話番号 045-221-0300
会場URL https://yokohama.art.museum/
詳細 https://harasankei2019.exhn.jp

原三溪(はら・さんけい、1868-1939)は、近代日本の経済界を牽引した横浜の実業家。本名を富太郎といい、慶応4年(明治元年)に岐阜の庄屋青木家の長男として生まれた。東京に出て、現在の早稲田大学で政治と法律を学んだ後、1891年に生糸業で財をなしていた横浜の豪商・原家の孫娘と結婚して跡取りとなる。その卓越した経営手腕により、生糸貿易や製糸業などで原家をさらに発展させることに成功した。そのかたわら、古美術を愛好し、独自の歴史観と審美眼にもとづいて精力的に収集した。三溪とは、書画の才もあり、茶人でもあった彼の号である。また三溪は、若手芸術家の活動を支援したり、自らの差配で古建築を移築・作庭して造園した三溪園を市民に無料で開園するなど、社会貢献の精神をいち早く実践した実業家でもあった。関東大震災後は、私財を投じて横浜の復興にも尽くしている。
三溪が購入した美術品は、生涯で5,000点を超えるとされる。本展では、三溪旧蔵の美術品や茶道具約150件と、現在は国宝あるいは重要文化財に指定されている名品30件以上が揃い、過去最大規模で展覧する(会期中、展示替えあり)。そのうち国宝は、1903年に三溪が当時としては破格の高額で井上馨(1836-1915)から購入し、現在は東京国立博物館蔵となっている国宝《孔雀明王像》(展示期間:7月13日〜8月7日)や、奈良の大和文華館が所蔵する国宝《寝覚物語絵巻》(展示期間:8月9日〜9月1日)などを含む。これら珠玉の品の数々に、歴史的背景や作品の購入記録などの資料をあわせて展示し、「美術品コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」という四つのキーワードから、稀代の文化人・原三溪の全体像を浮かび上がらせる。会期中、シンポジウムやギャラリートークなども各種開催される(詳細はホームページ参照)。
なお本展は、横浜美術館開館30周年記念、原三溪の生誕150年および没後80年を記念して開催される。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「横浜美術館 原三溪の美術展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年7月29日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。