タイトル 大竹伸朗 ビル景 1978-2019
日時 2019年7月13日(土)~10月6日(日):9:30-18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(但し、7月15日、8月12日、9月16日、9月23 日(月・祝/振休)は開館、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日(火)は休館
会場 水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城県水戸市五軒町1-6-8)
料金 一般 900円、団体(20名以上)700円、高校生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料(要・学生証、年齢のわかる身分証明書)
※毎月第一金曜日(8月2日、9月6日、10月4日)は学生とシニアための特別割引デー「First Friday」実施、学生証をお持ちの方と65-69歳の方は100円
電話番号 029-227-8111
会場URL https://www.arttowermito.or.jp/gallery/

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきた現代美術作家。本展は、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が描き続けている絵画シリーズ「ビル景」を中心に構成される。「ビル景」とは、現在の風景をそのまま描いたものではなく、大竹の中に記憶された、香港、ロンドン、東京といったさまざまな都市の、湿度や熱、騒音、匂い。それらがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景。今回の展覧会では、多数の未発表のものから最新まで、800点以上の「ビル景」から600点余りを一堂に展示して、「ビル景」シリーズの全貌を明らかにする。
なお本展は、今年4月から6月にかけて、熊本市現代美術館で開催された同タイトルの展覧会の巡回展。大型の立体作品など新作数点が加わるなど、展示構成、出品作品が大きく変わる。・関東では2006年に東京都現代美術館で開催された「全景 1955-2006」以来、美術館では13年振りの個展となる。

《白壁のビル2》2017年
©︎Shinro Ohtake, Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo,
Photo by Kei Okano




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。