タイトル 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
日時 2019年7月13日(土)〜9月8日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜 *但し、7月15日(月・祝)および8月12日(月・振休)は開館し、7月16日(火)および8月13日(火)は休館
会場 目黒区美術館(東京都目黒区目黒2-4-36 )
料金 一般 1,000(800)円、65歳以上の方 800(600)円、小・中学生以下無料
*障がいのある方とその付添の方1名は無料
*(  )内は20名以上の団体料金
*目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります
*各種割引の併用はできません
電話番号 03-3714-1201
会場URL https://www.mmat.jp

藤井厚二《太田邸 新画室(アトリエ)》
1924年竣工  1931年増改築
写真:古川泰造/写真提供:竹中工務店

洋画家の太田喜二郎(1883-1951)は京都に生まれ、東京美術学校(現在の東京藝術大学)卒業後、師の黒田清輝(1866-1924)の勧めでベルギーに留学し、帰国後は点描表現で農村風景を描いた明るい洋画で注目を集めた。京都画壇で活躍した太田は、ここ数年の研究で、美術以外の分野とも交流があったことが明らかになっており、考古学者の濱田耕作(1881-1938)、東洋史学者の内藤湖南(1866-1934)や羽田 亨(1882-1955)、建築家の武田五一(1872-1938)らが挙げられる。本展で共に紹介される建築家の藤井厚二(1888-1938)もその一人である。
藤井は広島に生まれ、東京帝国大学(現在の東京大学)を卒業後、大阪に本社があった竹中工務店に勤務、京都市内を中心に50件ほどの個人住宅を手掛けている。欧米視察で見聞した建築技術をいかに日本の住まいに取り入れるかを模索して、大山崎に購入した敷地内に自邸を五度にわたって建設し、データを採取するなど実験を繰り返した。最新の技術を導入しつつ、自然環境を巧みに取り込み、夏冬の気温の変化に対応した、1928年竣工の自邸《聴竹居》は、茶室などの別棟も含めて2017年に重要文化財に指定されている。
二人は、藤井は建築を、太田はデッサンを教えるために、京都帝国大学(現在の京都大学)工学部に招かれた頃に知り合い、親交を結んだ。太田は京都の自邸の設計を太田に依頼、北側採光をうまく取り入れたアトリエを持つモダンな住宅が建てられた。その際の藤井のスケッチや、藤井との交流の様子を示す絵巻物・書簡などの所在が近年確認され、京都文化博物館の研究チームによる調査が進んでいる。
本展は、太田研究を進めている京都文化博物館と、収集方針のひとつに日本人美術家の滞欧米作を掲げ、太田の滞ベルギー作品も所蔵する目黒区美術館との共同で開催される。今年4月から6月にかけて、京都文化博物館で開催された同タイトル展の巡回展。日本の光を追い求めた洋画家と建築家、それぞれの作品を展示するとともに、これまであまり紹介されてこなかった二人の交流にもスポットをあてる。会期中、講演会などの関連イベントも開催される(詳細はホームページ参照)。

《太田邸模型》2019年
制作:二星大暉 協力:松隈洋研究室 京都工芸繊維大学
撮影:市川靖史
藤井厚二《聴竹居》重要文化財 1928年
写真:古川泰造/写真提供:竹中工務店

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「目黒区美術館 太田喜二郎と藤井厚二展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年8月5日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。