タイトル 1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと
日時 2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)10:00-18:00(7月26日〜8月30日の毎週金曜は21:00まで。入館は各日とも閉館の30分前まで
休館日:毎月第2・第4水曜日(7月24日、8月14日、8月28日、9月11日)
会場 東京都庭園美術館本館+新館(東京都港区白金台5–21–9)
料金 一般 900円、大学生(専修・各種専門学校含む)720円、中・高校生 450円、65歳以上 450円
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL www.teien-art-museum.ne.jp

東京都庭園美術館 本館 大食堂

本展は、1933年に旧朝香宮邸として竣工し、現在は東京都庭園美術館として利用されている建物の建築としての魅力を紹介する、年に一度の建物公開展。今回は、アール・デコの邸(やかた)として知られる建物の室内を構成する要素ー木材や石材、タイル、壁紙、家具などに焦点があてられる。
旧朝香宮邸の建設には、特許を取得したコンクリートに漆塗りを施す技法や、ドイツ・サルブラ社の洗浄のできる壁紙など、当時としては最先端の技術や素材が積極的に取り入れられている。フランス製のガラス細工に加え、泰山(たいざん)製陶所や山茶窯(つばきがま)製陶所など、日本国内の窯で焼かれたタイルも室内を彩った。現在では再現不可能とされるものも多く、当時の工事仕様書やカタログ等の資料から、それらの素材や技法、携わった職人や企業について解き明かすことを試みる。家具では、修復が完了した、2階妃殿下の居間および寝室で使用されていた家具が本展にて初公開されるほか、通常は非公開となっている本館3階のウインターガーデンも特別に公開される。
日本のものづくりを支えた人びとの仕事に改めて光をあてるとともに、文化財としての建築の一つの見方や楽しみ方を提示する展覧会。7月26日から8月30日までの毎週金曜日は「サマーナイトミュージアム」として夜21:00まで開館する。

東京都庭園美術館 本館 正面玄関

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京都庭園美術館 1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年8月19日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。