タイトル 伊庭靖子展 まなざしのあわい Yasuko Iba, A Way of Seeing
日時 2019年7月20日(土)~10月9日(水)
9:30-17:30(金曜は9:30-20:00 ※但し、7月26日[金]、8月2日[金]、9日[金]、16日[金]、23日[金]、30日[金]は9:30-21:00/入室は各日とも閉室30分前まで)
休室日:月曜(※但し、8月12日[月・休]、9月16日[月・祝]、9月23日[月・祝]は開室)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
会場 東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)ギャラリーA・B・C
料金 一般 800円、65歳以上 500円、大学生・専門学校生 400円、高校生以下無料
※7月20日(土)、 21日(日)、 8月17日(土)、 18日(日)、 9月21日(土)、 22日(日)は「家族ふれあいの日」により、 18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住、2名まで)は、 当日一般料金の半額(要提示:年齢を証明できるもの)
※8月21日(水)、 9月16日(月・祝)、 18日(水)は「シルバーデー」などにより、 65歳以上の方は無料(要提示:年齢を証明できるもの)
※10月1日(火)は「都民の日」により入場無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(要提示:証明できるもの)
※都内の小学・中学・高校生に準ずる者とその引率の教員が学校教育活動として観賞するときは無料(要事前申請)
※サマーナイトミュージアム割引:7月26日(金)、 8月2日(金)、 9日(金)、 16日(金)、 23日(金)、 30日(金)の17:00-21:00は、 一般600円、大学生・専門学校生無料(要提示:証明できるもの)
電話番号 03-3823-6921
会場URL https://www.tobikan.jp/
展覧会公式ホームページ https://www.tobikan.jp/yasukoiba

現代作家、伊庭靖子(1967-)の個展。2009年に神奈川県立近代美術館で開催された「伊庭靖子――まばゆさの在処――」以来、美術館では10年ぶりとなる個展であり、東京の美術館では初の開催。
伊庭は、画家の眼とモティーフのあわいにある世界に魅せられ、触れたくなるようなモティーフの質感や、それがまとう光を描くことで、その景色を表現し続けてきた。時として写真と見まごう伊庭の油彩画は、一貫して自ら撮影した写真をもとに、精密な筆づかいによって制作されている。本展では、伊庭がこの三年余りをかけて準備した作品を中心に構成され、会場となる東京都美術館で撮影した写真から描いた絵画も出品される。前川國男が設計した建築に漂う光が、伊庭のレンズと手を通して生まれ変わる。伊庭としては初めての試みとなる映像作品も披露される。そのほか、貴重な個人蔵を含む、近作・新作に至る2004年以降の作品も併せて展示される。
会期中、作家自身も登壇する対談やアーティスト・トークをはじめ、本展担当の学芸員が展覧会のみどころを紹介するギャラリートークなども開催される。

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京都美術館 伊庭靖子展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年8月26日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。