タイトル 子どものための建築と空間展
日時 2019年7月27日(土)〜9月8日(日)9:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:8月19日(月) ※一部作品は、前期(7月27日~8月18日)、後期(8月20日~9月8日)で展示替えあり
会場 青森県立美術館(青森県青森市安田字近野185)
料金 一般1,500(1,300)円 高校生・大学生1,000(800)円 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料
電話番号 017-783-3000
会場URL http://www.aomori-museum.jp/ja/

旧開智学校校舎(国指定重要文化財) 外観 1876年 立石清重 写真提供:旧開智学校校舎

子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場としてつくられた建築と空間のなかから、日本の近現代史において試みられた先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会。 日本の近代教育は明治時代の幕開けとともに始動し、学校の建設もそこから始まった。地域の人々の尽力によって建てられた明治時代の学校や、建築家やデザイナーの参画によって様々に模索されつつある現代の学校まで、学校は時代の流れの中でさまざまに変遷し、子どもたちの活動を受け止めてきました。その一方で、幼稚園・保育園、遊び場、児童館、図書館といった子どもたちの居場所にもユニークな取り組みが見られる。本展では、そのような歴史の一端を紹介し、作り手と使い手の両方に着目し選んだ写真、図面、模型といった作品資料と共に、教育玩具や絵本原画などもあわせて展示する。
本展は、今年1月から3月にかけて、東京のパナソニック汐留ミュージアムで開催された展覧会の巡回展。会期中、会場である青森県立美術館の設計者であり、小学校や小学校跡地に建てられた公共体育館を設計している建築家の青木淳氏を招いての展覧会記念対談など、関連イベントも開催される。

慶應義塾大学幼稚舎 理科教室 1937年 谷口吉郎 撮影:渡辺義雄 写真提供:慶應義塾福澤研究センター



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。