タイトル 木工藝 清雅を標に-人間国宝 須田賢司の仕事-
日時 2019年8月2日(金)~ 9月20日(金)10:00-18:00(最終日は17:00まで)
休館日:日曜・祝日、8月10日(土)~ 18日(日)
会場 ギャラリー エー クワッド(東京都江東区新砂 1-1-1 竹中工務店1F)
料金 入場無料
電話番号 03-6660-6011
会場URL http://www.a-quad.jp

須田賢司

木工藝家・須田賢司(1954-)の仕事を通じて、日本の木工の歴史をはじめ、伝統の指物から総合芸術たる「木工藝」へと昇華させた工芸の最先端の世界を紹介する企画展。
日本伝統の木工芸技術は古代から今日に至るまで脈々と受け継がれ、私たちの身の回りの箪笥や箱、家具にも使われている。奈良の正倉院にも多くの木製の宝物が今日まで伝わっているが、珍貴な素材を惜しげもなく用い、技術の粋を尽くした繊細かつ華麗な工芸品が私たちの目を楽しませてくれる。須田は、そのような日本最高峰の木工芸に注目し、その「技」と「心」を引き継ぐべく、制作を続けている。2014年に重要無形文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定。現在は群馬県甘楽町に工房を構えながら、海外諸国との文化交流にも力を注いでいる。
須田の作品をはじめ、制作の舞台裏も紹介し、精緻な木工作品を生みだす背景にも迫る。会期中は、須田によるギャラリートークや講演会もあわせて開催される。

御蔵島桑とシカモアの小箪笥「桑の道」



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。