タイトル 華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化
日時 2019年8月10日(土)〜11月4日(月・振休)10:00-18:00(入館は17:30分まで)
休館日:月曜日(但し、8月12日、9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)
会場 岐阜県現代陶芸美術館(岐阜県多治見市東町4-2-5)
料金 一般 900円、大学生 700円、高校生以下無料
電話番号 0572-28-3100
会場URL http://www.cpm-gifu.jp/museum

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきた。「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産された大倉陶園の製品は、「セーヴルのブルー、オークラのホワイト」とも讃えられ、日本における最高級の洋食器として、創業から今日まで高く評価されている。皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、奈良ホテルをはじめとする老舗のホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきた。
大倉陶園の創立100周年の節目に全国3会場を巡回中の本展では、大倉陶園の草創期から現在までの作品を通じて、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探る。皇室献上品などの貴重なコレクションが展示されるほか、新たに発見された工場図面、書簡、石膏型などの資料も公開され、最高級の洋食器が誕生した背景を紐解く。
会期中は講演会や学芸員による展示解説、奈良ホテルを訪ねる特別鑑賞バスツアーなどの関連イベントも開催される(詳細はホームページ参照)。

大倉陶園《色蒔煙草セット》 大正15(1926)年 大倉陶園蔵

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「岐阜県現代陶芸美術館展 華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は9月30日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。