タイトル 乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界
日時 2019年10月5日(土)~11月24日(日)10:00-18:00(観覧券の販売は17:30まで)休館日:10月7日(月)、10月28日(月)、11月11日(月)
会場 新潟県立万代島美術館(新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5階)
料金 一般1,100円、大学・高校生 900円、中学生以下無料
※障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は無料。受付で手帳を提示してください
電話番号 025-290-6655
会場URL https://banbi.pref.niigata.lg.jp

明治末から大正、さらに昭和初期にかけて、大衆文化が隆盛を迎えた時代、街には華やかな広告が溢れるなど、さまざまな図像が生み出され、人々の暮らしを彩るようになった。印刷技術が進歩し、印刷文化の黄金期ともいわれたこの頃、雑誌や書籍では、表紙だけでなく、内部の見返しや、本来は書籍を保護する用途であるはずの函(箱)にも粋を凝らしたものが作られるようになった。子ども向けの絵雑誌や書籍の分野でも、質の高いものが数多く出版されるなど、当時の人々の美意識の高さをうかがい知ることができる。「夢二式」と呼ばれる女性像で人気を集めた竹久夢二(1884-1934)や、日本の商業デザイナーの草分けともいえる杉浦非水(1876-1965)が登場したのもこの時期で、さらには「エロ・グロ・ナンセンス」という言葉が流行するなど、多様な表現が生まれ、花開いた。
本展では、この時代の書籍、雑誌、挿絵、広告、絵はがきや絵封筒などの印刷物や版画を「大正イマジュリィ」と総称して、その魅力を紹介する。夢二や杉浦の作品のほか、新潟が誇る挿絵画家である蕗谷虹児(1898-1979)、夢二と並ぶ人気抒情画家・高畠華宵(1888-1966)といった作家の作品も展示して、日本のグラフィックデザイン史の出発点ともいえる時代をふり返る。会期中、本展監修者によるギャラリー・トークや、ワークショップなども開催される(詳細はホームページ参照)。

展覧会フライヤーのビジュアル:杉浦非水『非水月刊図案』第1巻第1号付録4 カット 1918年

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「新潟県立万代島美術館 乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年10月25日(金)。
ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。