タイトル 御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」
日時 2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日)
※前期10月14日(月・祝)~11月4日(月・休)、後期 11月6日(水)~24日(日)
9:30-17:00(但し、会期中の金曜・土曜、11月3日[日・祝]、11月4日[月・休]は21:00まで開館。入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、10月14日[月・祝]と11月4日[月・休]は開館)、11月5日(火)
会場 東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9)
料金 一般 1,700円、大学生 1,100円、高校生 700円、中学生以下無料
*障がい者とその介護者一名は無料(入館の際に障がい者手帳などの提示要)
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tnm.jp/
展覧会公式ホームページ https://artexhibition.jp/shosoin-tokyo2019/

正倉院正倉

正倉院宝物は、奈良・東大寺盧舎那仏像建立で知られる聖武天皇(701-756)の妃、光明皇后(701-760)が、聖武天皇ゆかりの品々を東大寺に奉納したことに由来する。日本国内で製作された美術工芸品や文書類などのほか、遠く大陸から持ち込まれた品々も合わせて約9,000点もの貴重な品々を、約1260年にわたり守り継いできたという、世界的にも比類のない貴重な文化財である。それゆえに「正倉院はシルクロードの終着点」とも称されている。
本展は、今上天皇の即位を記念して開催される特別展。奈良国立博物館においてもほぼ同時期に「御即位記念 第71回正倉院展」が開催されるが、38年振りに大規模に正倉院宝物が東京で公開される。

平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)
中国 唐時代・8世紀 正倉院宝物[後期展示]

本展では、飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点をあてる。奈良の正倉院宝物の代表作に加えて、東京国立博物館所管の法隆寺献納宝物(1878年[明治11]に法隆寺から皇室に献納され、1947年[昭和22]に国へ移管された、日本の7世紀美術を代表する宝物約300件)からも出品されるのが大きな見どころ。例えば、8世紀に唐から伝来あるいは奈良時代に製作された「漆胡瓶」(正倉院宝物)と、法隆寺献納宝物を代表する古代金工美術の傑作「竜首水瓶」を並べて展示することで、同じ用途のために製作された作品の、時代や素材の違い、それぞれの造形美の特色を間近に感じ取ることができる。これら貴重な優品約110件を6つの章立てで構成、正倉院宝物の世界を多角的に伝える(前後期で展示替えあり)。

第1章 聖武天皇と光明皇后ゆかりの宝物
第2章 華麗なる染織美術
第3章 名香の世界
第4章 正倉院の琵琶
第5章 工芸美の共演
第6章 宝物を守る

会場内には一部原寸大で宝庫を再現し、正倉院の雄大なスケールを体感できるスペースも登場するほか、貴重な文化財を未来に残すために必要な、文化財の保存・修理・模造への取り組みについても第6章で取り上げる。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立博物館 正倉院の世界展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年10月28日(月)。
ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。