タイトル 開館35周年記念巡回展「木組 分解してみました」
日時 2019年10月12日(土)~12月15日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
会場 竹中大工道具館 1Fホール(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
料金 一般 500円、大高生 300円、中学生以下無料、 65歳以上 200円(常設展観覧料を含む)
電話番号 078-242-0216
会場URL https://dougukan.jp

円覚寺舎利殿組物原寸模型

豊かな森林に恵まれ、太古の昔から木に親しみ、木と木を組み合わせることで、さまざまなものをつくり上げてきた日本人。小箱や家具、室内装飾、大きな建築や橋に至るまで、金具や接着剤を使わずに木と木だけで組み合わせる「木組」の技術が活用され、大小さまざまなところに文化として息づいている。そのあまりに強固で見事な出来栄えゆえに、完成したものの姿形からは、内部の複雑かつ繊細な構造までは見えてこない。本展では、さまざまな品や部材で使われている木組を分解して、わかりやすく展示する。展示を通して、職人たちの高度な技術はもちろんのこと、彼らの美意識や細やかな心遣いなども浮かび上がる。継手・仕口などの日本の伝統技術との比較として、フランス式と呼ばれる西洋の木組や、パズルに応用された木組なども取り上げる。会期中、組子コースターづくりのワークショップや、宮大工や木工師らが登壇する講演会なども開催される。

錦帯橋1/25模型

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「竹中大工道具館 木組 分解してみました展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年11月11日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。