タイトル 窓展:窓をめぐるアートと建築の旅
日時 2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)
10:00-17:00(金曜・土曜は20:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、11月4日、1月13日は開館)、11月5日(火)、年末年始(12月28日[土]〜2020年1月1日[水・祝])、1月14日(火)
会場 東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー(東京都千代田区北の丸公園3-1)
料金 一般 1,200円、大学生 700円
*高校生以下および18歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料
*無料観覧日:11月3日(日・祝)文化の日
会場URL https://www.momat.go.jp
一般財団法人
窓研究所
https://madoken.jp

「窓をめぐるアートと建築の旅」と題して、窓を切り口にさまざまな作品を紹介する企画展。本展フライヤーにも使われている、窓が描かれたアンリ・マティスの《待つ》(1921-22年、愛知県美術館)をはじめとする絵画や、窓が特徴的な建築、背景に写る窓からの光が作品に深い陰影を与える写真、版画、映像、インスタレーションなど、ジャンルを超えた国内外の作家58組、合計110点余の作品を、14の章立てで紹介する(会場構成:西澤徹夫建築設計事務所)。同館前庭では、建築家の藤本壮介が制作する、高さ約7メートルの野外展示作品《窓に住む家/窓のない家》(2008年の住宅作品《House N》の大型コンセプトモデル)を展示する。
会場となる東京国立近代美術館と並んで主催者に名を連ねる一般財団法人 窓研究所は、「窓は文明であり文化である」という思想のもと、建築文化の発展に寄与すべく、窓や建築に関する多角的な知見の収集・発信に取り組み、研究や文化事業の助成なども行なっている団体。これまでにも国内外で窓に関する展覧会やイベントを開催している。学術協力は五十嵐太郎氏(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)が務める。
毎週金、土曜の夜間開館を中心に、本展担当キュレーターによるギャラリートークも開催予定(詳細は会場ホームページにて告知)。

奈良原一高 《〈王国〉より 沈黙の園 6》 1958年 ゼラチン・シルバー・プリント 47.6×31.4cm
東京国立近代美術館 © IKKO NARAHARA

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立近代美術館 窓展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年12月16日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。