タイトル 丸沼芸術の森所蔵
アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語
日時 2019年11月2日(土)〜2020年1月19日(日)9:30-18:00(観覧券の販売は17:30分まで)
休館日:月曜(但し、11月4日、1月13日は開館/振替休館なし)、年末年始(12月29日~1月3日)
会場 新潟市美術館 企画展示室(新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9)
料金 一般 1,000円、大学・高校生 800円、中学生以下無料
*障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料
*リピーター割引あり(本展観覧券の半券提示で2回目以降は200円引き)
電話番号 025-223-1622
会場URL http://www.ncam.jp

アメリカン・リアリズムを受け継ぐ国民的画家の一人、アンドリュー・ワイエス(1917-2009)。ワイエスの絵画制作は、生まれ故郷であるペンシルヴェニア州・チャッズフォードと、夏の別荘があったメイン州・クッシングに限られ、その土地の風景、そこで知り合った親しい人々や彼らの日常などを繰り返し描いた。とりわけ、夏の別荘近くに住むオルソン家の姉弟、クリスティーナとアルヴァロを30年という長きにわたって描き続けた「オルソン・シリーズ」は、ワイエスの画業において特別な位置を占め、足が不自由なクリスティーナが誰の助けも借りずに野原を這って我が家へと進む場面を、繊細な筆使いで詩情豊かに描いた《クリスティーナの世界》は、ワイエスの代表作として名高い。ニューヨーク近代美術館が所蔵するこの絵画は、現代アメリカを象徴する作品の一つにも数えられ、背景に描かれている〈オルソン・ハウス〉は2011年にアメリカの国定歴史建造物に指定されている。
本展は、ワイエスの「オルソン・シリーズ」の習作を数多く所蔵する、埼玉県朝霞市の丸沼芸術の森のコレクションを中心に構成される。《クリスティーナの世界》の制作過程を窺い知ることができる素描や水彩に加えて、ニューヨーク近代美術館所蔵の習作9点も特別に展示される。総展示数は120点。創作のプロセスを紐解きつつ、画家が30年間見つめ続けた、アメリカのひとつの家の物語を辿る。オルソンハウスについて詳しい日米の研究者や、本展学芸員によるギャラリートークなどの関連イベントも多数開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

■ペアチケットを10組20名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で10組20名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「新潟市美術館 アンドリュー・ワイエス展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年12月9日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。