タイトル 辰野金吾と美術のはなし 没後100年特別小企画展
日時 2019年11月2日(土)〜24日(日)10:00-18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで) 会期中無休
会場 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1丁目9-1 JR東京駅丸の内北口改札前)
料金 一般 500円、高校・大学生 300円、中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は当日入館料から100円引き(介添者1名は無料)
電話番号 03-3212-2485
会場URL http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

辰野・葛西建築事務所《中央停車場建物展覧図》1911年頃、鉄道博物館

日本近代を代表する建築家、辰野金吾(1854-1919)の回顧展。辰野の没後100年を記念するもので、京都文化博物館、日本銀行金融研究所貨幣博物館にてそれぞれに開催される「辰野金吾展」との連携企画である。
幕末の唐津に生まれ、幼いころから勉強熱心だった辰野は、苦学の末に明治政府が設立した大学(のちの帝国大学工科大学、現在の東京大学工学部)に入学、建築工学の教授として招かれていたジョサイア・コンドル(1852-1920)に学んだ。首席で大学を卒業後、官費でイギリスに3年間留学し、帰国後は教育者として後進を育て、在野の建築家としても活躍した。日本の近代化に大きく貢献した建築家の一人である。
本展の会場を内包する東京駅は、1914年(大正3年)に中央停車場として竣工した、当時最先端の赤レンガ造の建築物であった。南北に銅板葺のドームを有する威風堂々たるデザインで、1923年に発生した関東大震災の揺れにも耐えたが、1945年の東京大空襲によりドーム屋根と駅舎の一部が焼け落ち、竣工当時の内外観が長らく失われていた。明治期の姿への復原と保存を目指した、大規模な改修工事が完了したのは2012年のこと。ギャラリー展示室の壁や、館内の螺旋階段を囲む壁の赤レンガには、東京大空襲時の火災の痕が残されており、この地で100年を超える歴史を刻んできた建物である。
本展では、辰野の代表作である東京駅(中央停車場)や日本銀行本店のほか、裁判所、学校、住宅などの作品もあわせて紹介する。初公開の図面を含む東京駅の設計資料からは、創建当時の各部屋の配置や内装計画、デザインが決定するまでの経緯を辿ることができる。そのほか、辰野が英国留学時代に出会った洋画家の松岡壽(1862-1944)との関係にも着目し、松岡による辰野の肖像画や絵画、学生時代および留学中の資料など、約70点を3章に分けて展示する。会期中、関連イベントも多数開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

辰野金吾《滞欧野帳》1881‒82年、辰野家 ©Osako Futoshi



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。