タイトル 菊川京三の仕事 ―『國華』に綴られた日本美術史
日時 2019年11月2日(土)〜12月22日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(但し、11月4日[月・振休]は開館)、11月5日(火)
会場 栃木県立美術館(栃木県宇都宮市桜4-2-7)
料金 一般 900円、大高生 600円、中学生以下無料
※11月3日(日)[文化の日]は観覧料無料
電話番号 028-621-3566
会場URL www.art.pref.tochigi.lg.jp

岡倉天心らの尽力で1889年(明治22)に創刊して以来、現在も刊行が続いている[*]、日本初の本格的な美術研究誌『國華』。創刊130年の節目を前にした昨年には、東京国立博物館で大規模な特別展が開催されるなど、注目を集めた。本展は、この『國華』刊行に欠かせない複製図版制作者として活躍した、日本画家の菊川京三(きくかわ きょうぞう、1897-1985)を紹介するもの。
菊川は、栃木県下都賀郡間々田大字粟宮(現・小山市粟宮)で幼少期を過ごし、日本画を学んだあと、國華社に入社、1981(昭和56)年に84歳で退社するまで勤務した。雑誌に添えられる図版写真といえば白黒だった時代に、菊川は作品の鮮やかな色彩や繊細な質感を再現できる、コロタイプを応用した木版多色刷りによる複製図版の版下絵制作に従事した。この長年にわたる複製画制作技術と成果が、東洋美術の学術研究に大きく貢献したとして、在勤中の1966年(昭和41)に紫綬褒章を受章している。
本展は、1977(昭和52)年に菊川本人から栃木県立美術館に寄贈された、600点を超える複製図版と、その版下絵類から選りすぐった作品を中心に構成される。菊川が若かりし頃に師事した、近代日本を代表する美人画の大家・池田輝方(1883-1921)の作品もあわせて展示され、日本最古の美術研究誌『國華』を支えた菊川京三の画業を総覧する。会期中、『國華』編輯委員で静嘉堂文庫美術館長を務める河野元昭氏を招いての講演会や、担当学芸員によるギャラリートークなども開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

*現在の『國華』版元は朝日新聞出版




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。