タイトル 名物裂と古渡り更紗展
日時 2019年11月2日(土)~12月15日(日)10:00-16:30(入館は16:00まで) 休館日:月曜(但し、11月4日は開館)、11月5日(火)
会場 静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
料金 一般 1,000円、大高生 700円、障害者手帳をご提示の方と同伴者1名700円、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.seikado.or.jp

重要美術品 唐物茄子茶入「利休物相」(伊達家伝来)の次第
南宋-元時代(13-14世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】

日本で文化として独自の発達をみせた茶の湯では、中国をはじめとする海外から舶載された文物が珍重され、大切に用いられてきた。本展タイトルにある「名物裂(めいぶつぎれ)」とは、古く貴重な舶来の織物を指し、絵画・墨蹟の表具裂(ひょうぐぎれ)や、茶道具を包んで保管する「仕覆(しふく、仕服)」などに用いられたが、やがては用途を超え、美術品として鑑賞の対象になっていった。草花・鳥獣、幾何学文様などを型や手描きで色鮮やかに染めた木綿布「更紗(さらさ)」が、南蛮貿易などによって国内にもたらされると、これらもまた数寄者たちを大いに魅了した。とりわけ、江戸時代中期頃までに輸入されたインド製更紗の一群は、後に「古渡り(こわたり)更紗」とも呼ばれ、茶道具では箱の包み裂に、煎茶道具では、茶銚・茶心壺の仕覆や敷物などに用いられ、珍重された。
本展は、静嘉堂が所蔵する茶道具・煎茶道具のコレクションから厳選して、道具類を箱の中で包み、今日まで伝えてきた仕覆や更紗などの染織品に焦点をあてて紹介するもの。静嘉堂では初となる染織の企画展で、美術品として一級の価値がある、これらの多様な美を紹介する。本展にあわせて、同館所蔵の名品として名高い、国宝「曜変天目」と重要文化財「油滴天目」が公開され、この2つの天目を包んでいる仕覆も特別に展示される。 会期中、講演会や列品解説などの関連イベントや、コンサートも開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

画面手前から、
「紺地二重蔓牡丹唐草文金地金襴仕覆」明時代(14-15世紀)
「白地雲文金襴仕覆」明時代(15-16世紀)
国宝 曜変天目(「稲葉天目」)南宋時代(12-13世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵【全期間展示】



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。