タイトル 特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」
日時 2019年11月6日(水)~2020年2月9日(日)9:30-17:00(但し、金曜・土曜は21:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
休館日:月曜日、12月26日(木)~2020年1月1日(水・祝)、1月14日(火)*但し、1月13日(月・祝)は開館 (日)
会場 東京国立博物館 東洋館3室(東京・上野公園)
料金 一般 620円、大学生 410円、高校生以下および満18歳未満と満70歳以上の方は無料(入館の際に年齢のわかるものを ご提示ください)
*総合文化展および開催中の特別展(観覧当日に限る)観覧料金でご覧いただけます(注.但し、特別展「正倉院の世界」(10月14日~11月24日)と、特別展「出雲と大和」(2020年1月15日~3月8日)は別途観覧料が必要)
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.tnm.jp/

古代の人々は、自分たち自身をどのように表現したのか。神々や死後の世界、自然界をどのように認識したのか。本展では、カタール王族のシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されたコレクションの中から厳選された117件の名品を通して、当時の人々の意識や世界観などを明らかにしようと試みる。
「ザ・アール・サーニ・コレクション」は、地中海地域からアジア、アフリカ、中南米といった広域にまたがる多様な地理的・文化的背景を特色とした、古代から近現代までを網羅する名品の数々を誇り、その豪華さは、人類の創造性のひとつの到達点を示している。これらのうち、古代の美術工芸品の数々を総覧する貴重な機会となる本展では、「人」「神」「自然」の章それぞれの展示テーマに沿って、各地の古代社会における、王や有力者にまつわる工芸品、神像や精霊像、聖なる儀式に関連する作品や、当時の人々が自然界をどのように認識していたのかがうかがい知れる動物の形を模した工芸品などを通して、古代世界の人々の意識、祈りのかたち、自然観・死生観などを巡っていく。

《仮面》 翡翠、貝  グアテマラ 3~6世紀
ⓒThe Al Thani Collection

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立博物館 東洋館 特別展『人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-』 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年12月16日(月)。ご応募をお待ちしております。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。