タイトル 吉田鉄郎の近代ーモダニズムと伝統の架け橋ー
日時 2019年11月1日(金)〜2020年2月11日(火・祝) 10:00-16:30 休館日:12月29日(日)〜2020年1月3日(金)
会場 国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4丁目6-15)
料金 展覧会のみの観覧の場合:入館無料(湯島地方合同庁舎正門からの入館、但し正門利用は平日のみ可)
都立旧岩崎邸庭園と同時観覧の場合:旧岩崎邸庭園から入館のうえ、庭園入園料(一般400円)が必要
電話番号 03-3812-3401
会場URL http://nama.bunka.go.jp/

本展で取り上げる吉田鉄郎(1894—1956)は、交通・通信・電気を管轄する官庁だった逓信省(戦争中に改組)の営繕課に所属しながら、東京中央郵便局(1931年竣工、現:銀座郵便局JPタワー内分室)や大阪中央郵便局(1939年竣工、現存せず)、京都中央電話局(1926年竣工、現:新風館)などの設計に携わった建築家。同省営繕課は、分離派の建築家・山田守(1894-1966)らが在籍していたことでも知られる。
吉田らが活躍した1920年代から1950年代初頭は、「近代」をいかにして空間的に、かつ建築的に表現するかが問われた時代であった。そこで重要となったのが、ヨーロッパに端を発するモダニズムを単純に模倣したり、土着の伝統と折衷することではなく、両者の間にいかに「橋」を架け渡すか。吉田らが建築作品で追求したこの「架け橋」によって、日本にモダニズムが定着し、それと同時に伝統が新たなものとして再生してゆく。
本展では、吉田の住宅作品に鮮明に現われるモダニズムと伝統の相克と、この両者への「架け橋」を追求した、彼の思想と手法を明らかにすることを試みる。そして、逓信省営繕課の一員としてだけでなく、ひとりの建築家としての吉田鉄郎の思想と手法の展開を辿る。吉田の住宅と逓信省関係の建築のほか、コンペ作品や記念碑などにも着目し、吉田がドイツ語で刊行した『日本の住宅』(1935)などの著作や、ブルーノ・タウトらの外国人建築家との交流にも光をあてる。関連イベントして、建築家らによるギャラリートークも開催される(入場無料・予約不要)。

ギャラリートーク1(入場無料・予約不要)
「吉田鉄郎の住宅にみるモダニズムと伝統」
2019年11月9日(土) 13:30-15:30
登壇者:大川三雄(元日本大学教授)、山崎徹(豊岡クラフト)

ギャラリートーク2
「吉田鉄郎の建築とその現代性」
2019年11月30日(土) 13:30-15:30
登壇者:塚本由晴(東京工業大学大学院教授)、豊川斎赫(千葉大学大学院准教授)、田所辰之助(日本大学教授)

ギャラリートーク3
「吉田建築の保存と再生」
2019年12月21日(土) 13:30-15:30
登壇者:横田昌幸(NTT ファシリティーズ)、観音克平(郵政建築研究所)

モデレーター:川向正人(当館主任建築資料調査官・東京理科大学名誉教授)




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。