タイトル TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 「堀部安嗣の建築展 ― 懐かしい未来へ向かって」
日時 2019年11月19日(火)〜2020年3月8日(日)10:00-17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜・年末年始
会場 TOTOミュージアム(福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1)
料金 入場無料
電話番号 093-951-2534
展覧会概要 https://jp.toto.com/gallerma/ex191119/index.htm
会場URL https://jp.toto.com/museum

2017年1月から3月まで東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催された企画展「堀部安嗣展 建築の居場所」が、さらに進化した構成で、北九州市にあるTOTOミュージアムに巡回する。

堀部氏がつくり出す建築は、時を超えて価値を持ち続ける建築のあり方を示すものとして評価が高い。近年では、住宅のみならず、店舗、地域の集会所、瀬戸内を周遊する客船「ガンツウ」なども手がけている。その堀部氏の建築家としての最初の仕事は、「ある町医者の記念館」と「南の家」という鹿児島における小さな2棟の設計であった。その後、屋久島、福岡、熊本などを含めた全国各地で作品が増え、国内全体では100件を超える。
本展覧会は、建築写真、模型、スケッチなどに加えて、「ある町医者の記念館」や代表作の「竹林寺納骨堂」、福岡市にあるモデルハウス「fca」など、最新の撮り下ろし映像も用意され、地域の風土や自然と調和する堀部氏の建築の魅力を紹介する。

堀部安嗣「ある町医者の記念館」



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。