タイトル クリストファー・ドレッサーと正倉院宝物
日時 2019年11月16日(土)〜2020年1月26日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(1月13日は開館)、12月28日(土)〜1月3日(金)、1月14日(火)
会場 郡山市立美術館(福島県郡山市安原町大谷地130-2)
料金 一般 1,000円、高大学生・65歳以上 800円、中学生以下無料
電話番号 024-956-2200
会場URL https://www.city.koriyama.lg.jp/bijutsukan/index.html

クリストファー・ドレッサー(1834-1904)は、19世紀末のイギリスで活躍したインダストリアル・デザイナー。西洋の伝統的な装飾概念にとらわれない自由な発想で、素材の美しさと機能に応じた、シンプルでダイナミックなデザインを、さまざまな分野において数多く残した。
英国から日本に贈られた美術工芸品を携えて、1876(明治9)年に来日した彼は、明治政府の依頼で日本各地の美術工芸品の生産地を訪れ、奈良の正倉院宝物の調査にも参加、外国人として初めて同宝物殿の中に入っている。世界の美術工芸品に関する豊富な知識を有していたドレッサーは、宝物の保存状態の良さと、その美術的価値の高さに驚き、感銘を受けた。また、正倉院宝物の世界的な価値を伝え、その後の日本の文化財保護政策に大きな影響を与えたとされる。帰国後は、日本の美術や建築をヨーロッパに紹介し、当時大きなブームとなっていたジャポニスムの展開においても重要な役割を果たした。
本展は、モダン・デザインの先駆者とされるドレッサーの作品と合わせて、明治の殖産興業とその後の文化財保護におけるドレッサーの業績にもスポットをあてる。日本滞在の影響を見ることができる、彼がデザインした工業・工芸品のほか、明治以降に制作された正倉院宝物の模造復元品、さらには明治期に日本から欧米諸国に輸出された工芸品など、あわせて140点あまりが展示される。会期中、講演会やギャラリー・トークなどの関連イベントも各種開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

通期展示 クリストファー・ドレッサー《トースト・ラック(青海波)》1879-80年
郡山市立美術館蔵
通期展示《模造 黄金瑠璃鈿背十二稜鏡》1932(昭和7)年
正倉院宝物模造品 奈良女子大学蔵




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。