タイトル 松屋創業150周年記念「利休のかたち-継承されるデザインと心 展」
日時 2019年12月27日(金)~2010年1月20日(月)
10:00-20:00(入場は閉場30分前まで、最終日17時閉場)
12月31日(火):10:00-18:00
1月2日(木)、5日(日)、13日(祝・月)、19日(日):10:00-19:30
休業日:1月1日(祝・水)
会場 松屋銀座 8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3丁目6-1
料金 一般 1,000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
電話番号 03-3567-1211(代表)
会場URL http://www.matsuya.com/m_ginza/

2019年11月に創業150周年を迎えた老舗百貨店松屋。松屋銀座では毎年、“和”をテーマにした展覧会を開催しており、2020年の幕開けは、「利休のかたち-継承されるデザインと心 展」と題して、日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」と、その大成者である千利休(1522-91)に関する展覧会を開催する。
今日、茶の湯の道具には、「利休好み」や「利休形」など、その名を冠したものが数多く存在する。利休が好み、見出した品々、或いは創意による道具など、由来はさまざまであるが、いずれも継承されてきた「利休のかたち」と言える。同展では、利休の所持した道具や制作にかかわった作品をはじめ、千家道具の制作にたずさわる職家の人々が、利休の「好み」やそれに基づく「型」を道標としてつくり伝えてきたさまざまな作品と文献史料など、あわせて約80件が展示される。それらの展示品から、利休の美意識と、それに基づく作意を汲み取ろうと試みる。未来へ伝えるべき日本文化の「かたち」と、その「こころ」が継承されてきた軌跡と意義を考える展覧会。

重要美術品 唐物尻膨茶入 利休尻膨(永青文庫 展示期間:令和2年[2020]1月11日[土]~20日[月])、
黒中棗、湯の釜(与次郎作 武者小路千家官休庵)、黒樂茶碗 銘 万代屋黒(長次郎作 樂美術館)

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「松屋銀座 利休のかたち-継承されるデザインと心展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2020年1月8日(水)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。