タイトル 婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」
日時 2020年1月2日(木)~20日(月)10:00-20:00(※但し、百貨店の営業時間に準じて変更になる場合あり。入場は閉場30分前まで) 会期中無休
会場 美術館「えき」KYOTO(京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
料金 一般 900円、高・大学生 700円、中学生 500円
電話番号 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)
会場URL http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

初代編集長を国木田独歩(1871-1908)が務め、明治38(1905)年に創刊した雑誌『婦人画報』。戦時中も休刊することなく発行され、今日に至る。衣・食・住をはじめとする上質な情報を、知的好奇心豊かな女性たちへ向けて紹介してきた同誌が、創刊以来とりわけ大切にしてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」について伝えること。本展では、その膨大なアーカイブの中から、13の「家」とその家の「人」にスポットをあてる。その「家」に代々伝えられ受け継いできた宝物や、その「人」が手掛けた作品など、合わせて約80点を、当時の取材記事と共に紹介する。
そのほかまた、会場エントランスでは、1390以上におよぶ歴代の表紙の中から、貴重な創刊号の表紙をはじめ、大正モダンや日本画風といった、当時の世相を感じさせる表紙も抜粋して展示される。やがては大家となる画家の若かりし頃の作品や、大女優の艶やかなポートレートも。会期中はギャラリー・トークなどの関連イベントも開催される(詳細は会場ホームページ参照)。

出展(五十音順)
池坊家(華道)、石田家(ガラス工芸)、伊東家(有職御人形司)、井上家(京舞井上流)、上村家(日本画)、江里家(截金)、志村家(染織)、千家(茶道裏千家)、徳岡家(京都吉兆)、中村家(塗師)、森口家(友禅)、樂家(樂焼窯元)、冷泉家(冷泉流歌道)以上。特別展示:瀬戸内寂聴




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。