タイトル ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター
日時 2020年1月9日(木)~ 3月8日(日)10:00-18:00(金・土曜日は21:00まで(入館は閉館30分前まで)休館日:1月21日(火)、2月18日(火)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
料金 一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします(小学生は除く)
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル / 受付時間 8:00-22:00)
Bunkamura ザ・ミュージアム https://www.bunkamura.co.jp/museum/
詳細 https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_saulleiter/

ソール・ライター《セルフ・ポートレイト》1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント ⒸSaul Leiter Foundation

2017年にBunkamura ザ・ミュージアムで日本初の回顧展が開催され、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター(1923-2013)。待望の第二弾が同会場で開催される。
ソール・ライターは、1923年アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ。高名なユダヤ人聖職者であった父親の影響で神学校に進んだが、23歳の時に画家になることを目指してニューヨークへ出る。1950年代に入り、『ライフ』誌にモノクロ写真のフォトエッセイが掲載され、ファッション・カメラマンとして第一線で活躍するようになっていったが、1980年代に商業写真から退き、世間からも姿を消した。再び脚光を浴びたのは2006年、83歳のとき。ドイツのシュタイデル社から出版された作品集がきっかけとなり、”カラー写真のパイオニア”として世界中でセンセーションを巻き起こす。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)も公開され、ソール・ライターの名と作品はさらに多くの人々の知るところとなる。
本展では、前回2017年の展覧会では発掘しきれていなかった膨大なアーカイブの中から、世界初公開となる作品を含む多くの未公開作品が披露される(協力:ソール・ライター財団)。豊富な作品および資料を通して、ソール・ライターの知られざる一面をさらに紐解き、その魅力に迫る。

ソール・ライター《薄紅色の傘》1950年代、発色現像方式印画 ⒸSaul Leiter Foundation

■ペアチケット プレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「Bunkamura ザ・ミュージアム ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2020年2月5日(水)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。