タイトル 〈対〉で見る絵画
日時 2020年1月9日(木)~2月11日(火・祝)10:00-17:00 (入館は16:30まで) 休館日:月曜(但し、1月13日[月・祝]は開館)1月14日(火)
会場 根津美術館(東京都港区南青山6丁目5-1)
料金 一般 1,100円、学生(高校生以上)800円、中学生以下無料
電話番号 03-3400-2536
会場URL http://www.nezu-muse.or.jp/

吉野龍田図屏風 六曲一双 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

東洋の絵画には、作品として〈対〉で成り立つ美の様式がある。龍と虎を題材にして、右の隻(せき)と左の隻で一双(いっそう)となる屏風や掛け軸などがそれだ。中国では二幅対(にふくつい)などの偶数での対幅が通例だが、日本では二幅対の間に、仏画の三尊像の中尊に見立てた中幅を組み合わせた三幅対(さんぷくつい)の形式も独自に発展してきた。このような複数の掛幅からなる対幅は、全体としてだけではなく、単幅としても、あるいは異なる組み合わせでも鑑賞が可能だ。ゆえに、今日の伝来に至るまでに、四幅対が二幅ずつに分割されたり、逆に別々の作品が組み合わされて対幅に仕立てられた作品も存在する。
本店は、14世紀から19世紀にかけて日本および中国で制作された「〈対〉で見る絵画」を中心に展開される。単独での鑑賞に加えて、対比してみたときに、構図やモチーフ、配色のおもしろさ、連続性や全体の完結性など、多様な美のありようが浮かび上がる。。制作者が構成した対幅か、所蔵者の好みで組み合わせたものか、作品が成立した背景も見どころのひとつ。絵画に加えて、鐔(つば)・目貫(めぬき)・縁頭(ふちがしら)などの刀装金具も展示される。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。