タイトル 増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。
日時 2020年1月16日(木)~3月22日(日)11:00~18:00 休館日月曜・祝日(但し、2月23日[日・祝]は開館)
*新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、3月3日(火)から15日(日)22日(日)まで臨時休館
会場 TOTOギャラリー・間(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
料金 入場無料
電話番号 03-3402-1010
詳細 https://jp.toto.com/gallerma/ex200116/index.htm

画像の作品は「始めの屋根」(東京都、2016年)

若手から巨匠まで、国内外の建築家の活動の軌跡を紹介するTOTOギャラリー・間の企画展。今回は若手建築家ユニットの二人、増田信吾と大坪克亘にスポットをあてる。
増田は1982年生まれ、大坪は1983年生まれ、二人は大学を卒業後に増田信吾+大坪克亘を共同で主宰している。たった一枚の住宅の塀から設計活動をスタートして、初期の代表作「躯体の窓」(2014年)や、2016年の第32回吉岡賞を受賞した「リビングプール」(2014年)で高い評価を受け、建築界の注目を集めた。
彼らは、敷地のなかで「場」に大きく影響する境界や窓、躯体、基礎といった部位に着目し、大胆な解決方法を提示する。その際、そこで営まれる生活や周辺環境に対しても、細やかな「観察」と「診断」をおこない、場に大きく寄与する対象を見極めて、設計すべき「計画」へと導いていく。その行為からは、恣意的なものを排除して、客観的に対象と向き合おうとする、二人の設計に対する純粋な姿勢がうかがえる。
本展では、増田信吾+大坪克亘の初期の作品から、「始めの屋根」「街の家」「つなぎの小屋」「庭先のランドマーク」などの近作までを紹介。設計過程を敷地模型やモックアップなどで明らかにする。
会期中は、TOTOギャラリー・間館長が展示について解説するギャラリーツアーも開催される予定(予約不要、日時など詳細は会場ホームページ参照/2月27日(木)〜3月31日(火)に開催を予定していたイベントは中止)。

躯体の窓(千葉県、2014年)




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。