タイトル 柳宗理デザイン 美との対話
日時 2020年1月24日(金)~3月23日(月)
開館時間 1月、2月/10:00-18:30、3月/10:00-日没後30分(展示室への入場はいずれも閉館時刻の30分前まで)
休館日 火曜(但し、2月11日は開館)、2月12日(水)
会場 島根県立美術館 企画展示室(島根県松江市袖師町1-5)
料金 一般 1,000円、大学生 600円、小中高生 300円
※企画展とコレクション展とのセット券あり
電話番号 0852-55-4700
会場URL https://www.shimane-art-museum.jp/

戦後日本を代表するプロダクトデザイナーとして知られる柳 宗理(1915-2011)。民藝運動の創始者である柳 宗悦(1889-1961)と、クラシック歌手だった母との間に生まれ育つ。本格的にデザインの仕事を始めたのは終戦後、日本においてプロダクトデザインが大きく発展していった時期と重なる。柳工業デザイン研究会を設立して、さまざまなデザインに関わると共に、父の宗悦が創設者のひとりである日本民藝館の三代目館長も務めた。
本展で展示される、宗理が関与したデザインは600点以上。スプーンやフォークといった小さな生活用品から、名作椅子と名高い《バタフライスツール》に代表される家具、自動車、グラフィックデザイン、さらには、1964年開催の東京オリンピックの聖火トーチ、高速道路の防音壁のような大型の公共構造物まで、領域は多岐にわたる。本展は、それらの作品や関連資料、宗理が蒐集した品々などから、デザインの幅広い分野で活躍し、世界的にも評価が高い宗理の仕事の全貌に迫る。また、宗理は島根県出身の河井寬次郎の窯において、本展フライヤーにも使用されている《黒土瓶》の制作に取り組んでいる。本展とは別のコレクション展「河井寛次郎と民藝」では、山陰地方と民藝との深い関わりについてスポットをあて、島根の民藝作品を展示する。
会期中、ギャラリートークや記念講演会、美術講座などの関連イベントも多数開催される(詳細は会場ホームページ参照/3月1日(日)〜3月31日(火)に開催を予定していたイベントは中止)。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「島根県立美術館 柳宗理デザイン展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2020年2月17日(月)。
ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。