タイトル 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美
日時 2020年2月1日(土)〜4月7日(火)
10:00–18:00(但し、3月27日[金]、3月28日[土]、4月3日[金]、4月4日[土]は夜間開館のため20:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
休館日:第2・第4水曜=2月12日(水)、2月26日(水)、3月11日(水)、3月25日(水)
特記.新型コロナウイルス感染症の感染予防、拡散防止のため、2月29日(土)から3月15日(日)まで全面休止
会場 東京都庭園美術館 本館+新館ギャラリー1
東京都港区白金台5-21-9
料金 一般 1,100円、大学生(専修・各種専門学校含む)880円、中学・高校生 550円、65才以上 550円(無料となる第3水曜日/シルバーデーを除く)
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付き添いの方2名まで無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.teien-art-museum.ne.jp

テーブル・センターピース《三羽の孔雀》(部分)1920年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎

アール・デコを代表するガラス・工芸作家、ルネ・ラリック(1860-1945)の展覧会。
ガラスが人々の生活のなかに急速に普及していったのは19世紀末頃のこと。ジュエリー作家として確たる地位を築いていたラリックが、ガラス・工芸作家へとシフトしていった時代と重なる。ラリックは、加工が容易で量産にも適したガラスを貴石とは異なる表現が可能な新素材として捉え、芸術性と実用性を両立させた独自の作品で20世紀初頭に華開いた、アール・デコという新たな時代の様式美を切り拓き、世に広めていく。ラリックの作品は、斬新であると同時に、フランスの伝統的な装飾美術の精神(ラール・ド・ヴィーヴル/生活の芸術)を受け継いでいるとも言える。
本展は、世界屈指のガラス・コレクションを有する、長野県の北澤美術館が所蔵するルネ・ラリックの作品から、アール・デコの時代を代表する名品約220点を厳選して展示するもの。当時のテーブルセットの再現や、旧朝香宮邸所蔵の品も加わり、さらには昭和天皇が皇太子時代に外遊の記念にパリから持ち帰った花瓶も特別に展示される。
会場となる東京都庭園美術館は、フランス留学経験をもつ朝香宮鳩彦王(1887-1981)の自邸として、1933年に建てられた建物。正面玄関のガラスレリーフ扉や、大食堂のシャンデリアはラリックがデザインしたもの。これらのアール・デコ装飾が随所にみられる空間と、北澤コレクションとの「共演」も大きな見どころ。
展示は2014年にオープンした新館ギャラリーでも行われ、1925年のパリ国際博覧会(万博)におけるアール・デコの煌めきを表現した展示も(空間デザインを担当するのは、2020年ドバイ万博の日本館を設計する建築家の永山祐子)。会期中は講演会などの関連プログラムも開催される(追加プログラムを予定、詳細が決まり次第、会場ホームページで発表)。

香水瓶《牧神のくちづけ》 モリナール社 1928年(左から3番目)ほか香水瓶各種 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京都庭園美術館 ルネ・ラリック展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2020年3月2日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。