ミナ ペルホネン/皆川明 つづく【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月16日(土)〜2020年2月16日(日)
    開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、2020年1月13日は開館)、2019年12月28日〜20201月1日、1月14日(火)

デザイナーの皆川明(1967-)が設立したブランド、ミナ ペルホネン。流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オ …

続きを読む


JCD連続デザインシンポジウム SECTION61「内田繁のデザインを考える」

  • 開催日時:2019年11月15日(金)18:30〜

日本を代表するデザイナーの一人であった内田繁氏の没後から3年。内田氏の仕事について改めて振り返り、未来へ向けて考察するシンポジウムが都内で開催される。 このシンポジウムは、JCD/一般社団法人日本商環 …

続きを読む


TOTOギャラリー・間 北九州巡回展 「堀部安嗣の建築展 ― 懐かしい未来へ向かって」

  • 開催日時:2019年11月19日(火)〜2020年3月8日(日)10:00-17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜・年末年始

2017年1月から3月まで東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催された企画展「堀部安嗣展 建築の居場所」が、さらに進化した構成で、北九州市にあるTOTOミュージアムに巡回する。 堀部氏がつくり出す …

続きを読む


ハイムテキスタイル2020

Heimtextil2020

  • 開催日時:2020年1月7日~10日 

世界中から約3000社が出展する世界最大級の定番ともいえるテキスタイルの国際見本市「ハイムテキスタイル」は今回で50回目の開催となる。例年注目されるハイムテキスタイルトレンドスペースでは、アムステルダ …

続きを読む


丸沼芸術の森所蔵
アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月2日(土)〜2020年1月19日(日)9:30-18:00(観覧券の販売は17:30分まで)
    休館日:月曜(但し、11月4日、1月13日は開館/振替休館なし)、年末年始(12月29日~1月3日)

アメリカン・リアリズムを受け継ぐ国民的画家の一人、アンドリュー・ワイエス(1917-2009)。ワイエスの絵画制作は、生まれ故郷であるペンシルヴェニア州・チャッズフォードと、夏の別荘があったメイン州・ …

続きを読む


第62回AXISフォーラム
フィンランドの建築家集団、JKMM講演会「しあわせのレシピ」

  • 開催日時:2019年11月21日(木)19:00-21:00(開場18:40/講演会19:00-20:30/懇親会20:30-21:00予定)

東京・六本木のアクシスギャラリーにて、フィンランドを代表する建築事務所のひとつ、JKMMアーキテクツの主要メンバーによる講演会が開催される。 JKMMアーキテクツは、1998年に設立された、100名の …

続きを読む


吉田鉄郎の近代ーモダニズムと伝統の架け橋ー

  • 開催日時:2019年11月1日(金)〜2020年2月11日(火・祝) 10:00-16:30 休館日:12月29日(日)〜2020年1月3日(金)

本展で取り上げる吉田鉄郎(1894—1956)は、交通・通信・電気を管轄する官庁だった逓信省(戦争中に改組)の営繕課に所属しながら、東京中央郵便局(1931年竣工、現:銀座郵便局JPタワー内分室)や大 …

続きを読む


特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月6日(水)~2020年2月9日(日)9:30-17:00(但し、金曜・土曜は21:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜日、12月26日(木)~2020年1月1日(水・祝)、1月14日(火)*但し、1月13日(月・祝)は開館 (日)

古代の人々は、自分たち自身をどのように表現したのか。神々や死後の世界、自然界をどのように認識したのか。本展では、カタール王族のシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されたコレクショ …

続きを読む


名物裂と古渡り更紗展

  • 開催日時:2019年11月2日(土)~12月15日(日)10:00-16:30(入館は16:00まで) 休館日:月曜(但し、11月4日は開館)、11月5日(火)

日本で文化として独自の発達をみせた茶の湯では、中国をはじめとする海外から舶載された文物が珍重され、大切に用いられてきた。本展タイトルにある「名物裂(めいぶつぎれ)」とは、古く貴重な舶来の織物を指し、絵 …

続きを読む


菊川京三の仕事 ―『國華』に綴られた日本美術史

  • 開催日時:2019年11月2日(土)〜12月22日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、11月4日[月・振休]は開館)、11月5日(火)

岡倉天心らの尽力で1889年(明治22)に創刊して以来、現在も刊行が続いている[*]、日本初の本格的な美術研究誌『國華』。創刊130年の節目を前にした昨年には、東京国立博物館で大規模な特別展が開催され …

続きを読む