コンフォルト174号 p.130-133に掲載

5月2日に発売になった最新号では、今年1月にパリで開催された「メゾン・エ・オブジェ2020」のレポートも掲載しています。

新型コロナウイルスによってあたりまえの日常を奪われてしまう前のことなので、いま思い返すと全く違う世界の出来事のようですが、それでも、サステナビリティについて考えること、そしてデジタル・ネイティブ世代が考えるこれからのライフスタイルのことなど、コロナウイルスと共存していくこれからの暮らしにもつながるキーワードがたくさんありました。

詳しくは、ぜひ誌面をご覧ください!

ここでは、誌面に載せきれなかった写真を少し。

SKLOのガラスプロダクトは色も形状も新鮮

antoniolupiの展示ではレインシャワーも!

パリのオープンカフェを思わせるチェアは編み見本もかわいい

職人が実演しているブース

プリミティブなプロダクトを扱うブースも多く見られた

広い会場の警備を頑張っている馬!!

 

これが、私にとって初めてのメゾン・エ・オブジェでした。

会場が広い! そして扱っているプロダクトが幅広い!

ということに、とにかく圧倒されました。

次回は9月4〜8日開催の予定です。

無事に開催されることを、心から願っています。

そして、ご興味がある方はぜひ、現地で体感することをおすすめします!

(編集部 渡辺未央)




特集を探す

Twitter

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。