クリストファー・ドレッサーと正倉院宝物

  • 開催日時:2019年11月16日(土)〜2020年1月26日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜日(1月13日は開館)、12月28日(土)〜1月3日(金)、1月14日(火)

クリストファー・ドレッサー(1834-1904)は、19世紀末のイギリスで活躍したインダストリアル・デザイナー。西洋の伝統的な装飾概念にとらわれない自由な発想で、素材の美しさと機能に応じた、シンプルで …

続きを読む


小さなデザイン 駒形克己展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月23日(土・祝)~2020年1月13日(月・祝)9:30~17:00 (入館は16:30まで)
    休館日:月曜(1月13日は祝日のため開館)、12月29日(日)~1月3日(金)

駒形克己(1953-)は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナー。日本デザインセンターに勤務し、同社を創立した主要メンバーの一人である永井一正(19 …

続きを読む


中野正貴写真展「東京」

  • 開催日時:2019年11月23日(土・祝)~2020年1月12日(日)
    10:00-18:00 ※木・金曜は20:00まで開館。但し、1月2日(木)、3日(金)は18:00まで開館。入館は各日とも閉館30分前まで
    休館日:月曜(但し、1月13日[月・祝]は開館)、年末年始(12月29日〜1月1日)、1月14日(火)

変貌を続ける世界都市「東京」。2020年オリンピックの舞台となるこの大都市を鋭い感性と巧みな空間把握で30年余にわたり撮影し続ける中野正貴(1955-)。主な作品として、誰もいない東京の姿を写した『T …

続きを読む


未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月19日(火)〜2020年3月29日(日)
    10:00-22:00(火曜のみ17:00まで)※但し11月19日(火)、12月31日(火)、2月11日(火・祝)は22:00まで(入館は各日とも閉館30分前まで)
    会期中無休

最先端のテクノロジーにより大きく変化し得る私たちの近未来について、さまざまなジャンルの作品を通して考察を試みる展覧会。本展のタイトル決定にはAI(人工知能)が深く関与しており、IBMが開発したAI「I …

続きを読む


ミナ ペルホネン/皆川明 つづく【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月16日(土)〜2020年2月16日(日)
    開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、2020年1月13日は開館)、2019年12月28日〜20201月1日、1月14日(火)

デザイナーの皆川明(1967-)が設立したブランド、ミナ ペルホネン。流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オ …

続きを読む


丸沼芸術の森所蔵
アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月2日(土)〜2020年1月19日(日)9:30-18:00(観覧券の販売は17:30分まで)
    休館日:月曜(但し、11月4日、1月13日は開館/振替休館なし)、年末年始(12月29日~1月3日)

アメリカン・リアリズムを受け継ぐ国民的画家の一人、アンドリュー・ワイエス(1917-2009)。ワイエスの絵画制作は、生まれ故郷であるペンシルヴェニア州・チャッズフォードと、夏の別荘があったメイン州・ …

続きを読む


特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月6日(水)~2020年2月9日(日)9:30-17:00(但し、金曜・土曜は21:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜日、12月26日(木)~2020年1月1日(水・祝)、1月14日(火)*但し、1月13日(月・祝)は開館 (日)

古代の人々は、自分たち自身をどのように表現したのか。神々や死後の世界、自然界をどのように認識したのか。本展では、カタール王族のシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されたコレクショ …

続きを読む


名物裂と古渡り更紗展

  • 開催日時:2019年11月2日(土)~12月15日(日)10:00-16:30(入館は16:00まで) 休館日:月曜(但し、11月4日は開館)、11月5日(火)

日本で文化として独自の発達をみせた茶の湯では、中国をはじめとする海外から舶載された文物が珍重され、大切に用いられてきた。本展タイトルにある「名物裂(めいぶつぎれ)」とは、古く貴重な舶来の織物を指し、絵 …

続きを読む


菊川京三の仕事 ―『國華』に綴られた日本美術史

  • 開催日時:2019年11月2日(土)〜12月22日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、11月4日[月・振休]は開館)、11月5日(火)

岡倉天心らの尽力で1889年(明治22)に創刊して以来、現在も刊行が続いている[*]、日本初の本格的な美術研究誌『國華』。創刊130年の節目を前にした昨年には、東京国立博物館で大規模な特別展が開催され …

続きを読む


窓展:窓をめぐるアートと建築の旅【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)
    10:00-17:00(金曜・土曜は20:00まで。入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、11月4日、1月13日は開館)、11月5日(火)、年末年始(12月28日[土]〜2020年1月1日[水・祝])、1月14日(火)

「窓をめぐるアートと建築の旅」と題して、窓を切り口にさまざまな作品を紹介する企画展。本展フライヤーにも使われている、窓が描かれたアンリ・マティスの《待つ》(1921-22年、愛知県美術館)をはじめとす …

続きを読む