吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵

  • 開催日時:2018年11月28日(水)~2019年2月11日(月・祝)9:30-18:00
    休館日:12月29日(土)〜31日(月)、1月21日(月)、28日(月)、2月4日(月)

デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的な創作活動を行なっている、佐賀県出身の作家、吉岡徳仁(1967-)の個展。 「ガラスの茶室 – 光庵」は、2011年第54回 …

続きを読む


特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
    9:00-17:00(金曜、土曜は20:00まで、入場は各日閉館時刻の30分前まで)
    休館日:毎週月曜、12月28日(金)~2019年1月1日(火・祝)、1月15日(火)、2月12日(火) ※但し、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)、2月11日(月・祝)、2月25日(月)は開館

明治から平成に至るまでの、日本を変えた科学技術に焦点を絞り、その歩みを振り返る特別展。日本各地の大学・研究機関や企業から600点を超える資料が集められ、一堂に会する。なかでも、日本で初めて音を記録し再 …

続きを読む


世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

  • 開催日時:2018年11月10日(土)〜2019年1月14日(月・祝)10:00-16:30(入館は16:00まで)
    休館日:毎週水曜日(祝日の場合はその翌日) 、12月26日(水)~2019年1月6日(日)

インドの出版社タラブックス(Tara Books)は、インドの民俗画家による絵をシルクスクリーン技法で印刷し、ブックデザインにもこだわって、工芸品のように美しい書籍を世に送り出している。その2割が完全 …

続きを読む


名和晃平 Biomatrix

  • 開催日時:2018年10月10日(水)〜12月8日(土)12:00-18:00 休廊日:日曜・月曜・祝日

デジタル画像の「Pixel(画素)」と、生物の最小構成単位である「Cell(細胞)」をかけ合わせた独自の制作概念「PixCell(ピクセル)」をもとに、さまざまな表皮のイメージを生成する名和晃平。素材 …

続きを読む


工芸の教科書【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年11月2日(金)〜12月24日(日・振休)9:30-17:00(12月21日[金]は19:00まで。開館入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜日(12月24日は開館)

豊かな自然に恵まれ、陶芸や金工、木竹工や染織、漆芸、ガラス工芸など多彩な工芸を生み出してきた栃木県。近代以降の重要無形文化財保持者」(通称:人間国宝)に、陶芸では濱田庄司、田村耕一、島岡達三が、竹工芸 …

続きを読む


紙工視点

  • 開催日時:2018年10月17日(水)〜12月24日(月・祝)10:00-18:00(金曜、土曜のみ20:00まで営業 ※美術館営業時間に準ずる)
    定休日:毎週火曜(祝日または休日にあたる場合は営業し、翌日休み)

紙工視点(シコウシテン)とは、「かみの工作所」などオリジナル製品を企画販売している福永紙工による新プロジェクト。人の「視点」そのものに注目し、紙にひそむ可能性を探るもの。 ディレクターに岡崎智弘氏を迎 …

続きを読む


民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

  • 開催日時:2018年11月2日(金)〜2019年2月24日(日) 10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
    休館日:火曜(12月25日は開館)、年末年始(12月26日〜1月3日)

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけた。民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて …

続きを読む


和製マジョリカタイル―憧れの連鎖

  • 開催日時:2018年11月3日(土)〜2019年4月9日(火)10:00-17:00(入館は16:30まで)

大正初めから昭和10年代に日本で生産された「和製マジョリカタイル」が、INAXライブミュージアムで展示される。 和製マジョリカタイルは、1800年代半ばにイギリスで売り出された「ヴィクトリアンタイル」 …

続きを読む


リニューアル記念特別展
信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ

  • 開催日時:2018年10月5日(金)〜11月4日(日)9:30-16:30(入館は16:00まで)休館日:木曜日(11月1日は開館)

2017年2月5日にリニューアルしたMOA美術館。リニューアルの建築意匠を担当したのが、杉本博司と榊田倫之の主宰する新素材研究所。2017年秋にニューヨークのジャパン・ソサエティーで開催された「Hir …

続きを読む


南の島の家づくり -東南アジア島嶼部の建築と生活-【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年10月6日(土)〜 12月2日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで)休館日:月曜(祝日の場合は翌日)

世界にはさまざまな木造建築が存在する。気候や材料などの環境特性のみならず、その土地土地の信仰や対外的な交流など、さまざまな要因が建築に反映され、形となって立ち現れる。本展では、東南アジア島嶼部(とうし …

続きを読む


特集を探す

Twitter