「粟津潔 デザインになにができるか」展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年5月18日(土)〜9月23日(月)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
    休館日:月曜日(但し、7月15日、8月12日、9月16日、23日は開場)、7月16日(火)、9月17日(火)

今年で没後10年を迎える、戦後日本のグラフィック・デザインをけん引した粟津潔(1929-2009)の活動の軌跡を追い、当時およびその後の美術界や社会に与えた影響についても改めて捉え直す企画展。粟津潔の …

続きを読む


「Wandering Wonder -ここが学ぶ場-」展

  • 開催日時:2019年5⽉22⽇(⽔)〜9⽉1⽇(⽇) 11:00-19:00(入館は閉館30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は開館し、翌火曜休館)

同館が保管する建築模型作品の中から作品を紹介する特集展示の第四弾。 幼稚園、学校、⼤学などの教育施設や、図書館、美術館といった⽣涯学習施設の枠にとどまらず、福祉施設、体験型学習施設、アフタースクール、 …

続きを読む


宮本隆司「いまだ見えざるところ」

  • 開催日時:2019年5月14日(火)~7月15日(月・祝)
    10:00-18:00(木・金曜は20:00まで)※入館は閉館時間の30分前まで
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合は開館、翌平日火曜休館)

写真家・宮本隆司の個展。都内の公共美術館における大規模展の開催は、2004年に世田谷美術館で開催された「宮本隆司写真展 壊れゆくもの・生まれいずるもの」以来、15年ぶり。 宮本は1947年東京生まれ。 …

続きを読む


ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年5月11日(土)〜7月28日(日)10:00-17:00(入館は閉館30分前まで) 休館日:月曜(但し、7月22日[月・祝]は開館)、7月23日(火)

絵本や映像などの分野で、独自の世界観と表現方法を展開して注目される作家、ショーン・タン(Shaun Tan)の個展。タンの仕事を本格的に紹介する大規模展は、日本では今回が初の開催となる。 ショーン・タ …

続きを読む


「装丁万華鏡」展

  • 開催日時:2019年5月16日(木)〜6月7日(金)10:00-19:00(5月23日[木]は13:00まで) 休廊:土・日曜

一般社団法人日本図書設計家協会に所属する装丁家および装画家が手掛けた書籍を、デザインの発想、素材、モチーフ等のカテゴリー別に編集して展示する。 約200冊のカバーデザインを新たな視点で俯瞰することで、 …

続きを読む


「宮内省御用達 川島織物と明治宮殿」展

  • 開催日時:2019年4月20日(土)~6月25日(火)10:00-18:00(最終日は17:00閉場)
    休館日:水曜、5月26日(日)

本展を主催する株式会社川島織物セルコンは、京都・西陣を発祥とする織物メーカー。創業は1843年(天保14)。1891年に宮内省御用達国内第一号に任命されており、そのきっかけとして、創業者から事業を受け …

続きを読む


トム・サックス ティーセレモニー

  • 開催日時:2019年4月20日(土)〜6月23日(日)11:00-19:00(金・土曜は20:00まで、最終入場は各日とも閉館30分前まで)
    休館日: 月曜(祝日の場合は翌火曜、但し4月30日は開館)

トム・サックス(Tom Sachs)は、1966年ニューヨーク生まれ、在住のアーティスト。ロンドンの建築学校とベニントン大学を卒業後、建築家フランク・ゲーリーの事務所で家具制作に携わった経歴を有する。 …

続きを読む


没後200年記念 増山雪斎展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年4月20日(土)~6月16日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
    ※会期中、展示替えあり

伊勢国長島藩の五代藩主であり、書画にも長けていた文人大名・増山雪斎(正賢、1754-1819)の画業と業績を辿る展覧会。2019年は雪斎の没後200年にあたる。伊勢に関わりのある画家の作品もあわせて紹 …

続きを読む


ある編集者のユートピア
小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年4月27日(土)~6月23日(日)10:00~18:00(入場は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、4月29日[月・祝]〜5月6日[月・振替休日]は開館)、5月7日(火)

本展は、19世紀後半のイギリスで活躍したウィリアム・モリスの芸術運動をめぐる様々な考察を、日本を舞台に展開させたひとりの編集者と、その周辺の活動を紹介するもの。本展のサブタイトルにもあるとおり、ウィリ …

続きを読む


岡本太郎と日本の伝統

  • 開催日時:2019年4月27日(土)〜6月30日(日) 9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)、8日(水)

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において、縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を受けた。その翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話-縄文土器論」を発表。これに端を発して、岡本はい …

続きを読む


特集を探す

Twitter