台所見聞録-人と暮らしの万華鏡-

  • 開催日時:2019年6月6日(木)〜8月24日(土)10:00-18:00
    休館日:水曜、8月10日(土)〜15日(木)

私たちの住まいに欠かせない空間「台所」。食物を扱うため、その土地の気候風土や文化とも密接に関わり、また「働く場」としての機能性を求めてきた歴史の変遷も見られる場所である。建築家の宮崎玲子氏は、世界の伝 …

続きを読む


特別展示 名和晃平 Foam

  • 開催日時:2019年4月27日(土)~8月25日(日) 10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
    休館日:月曜(但し、4月29日、5月6日、7月15日、8月12日は開場)、5月7日(火)、7月16日(火)

透明なガラスビーズやプリズムシートなどの素材を用いて、彫刻の固定概念を打ち破る作品を発表してきた名和晃平(1975-)。昨年は、フランス・ルーヴル美術館のピラミッド内に巨大彫刻作品《Throne》を展 …

続きを読む


野口哲哉展 鎧ノ中デ – 富山編 –

  • 開催日時:2019年6月8日(土)〜8月25日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、祝日の場合は開館し、翌火曜休館)
    ※8月12日(月・休)〜18日(日)は連続開館

樹脂やプラスチックといった現代的な素材を駆使して、リアルな彫刻や絵画を造形する若手作家、野口哲哉(1980-)の展覧会。 会場となる森記念秋水美術館は、リードケミカル株式会社の創立者である故・森政雄氏 …

続きを読む


「綴プロジェクト」─高精細複製画で綴る─スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

  • 開催日時:2019年6月25日(火)~8月25日(日)
    ※前後期で一部展示替えを実施
    前期:6月25日(火)~7月28日(日)
    後期:7月30日(火)~8月25日(日)
    9:30-17:30(入館は閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合は開館し、翌日火曜休館)

アメリカのフリーア美術館は、デトロイトの実業家チャールズ・ラング・フリーア(1854-1919)が蒐集した7,500点もの美術品(そのうち日本美術は約2,000点)を元に1923年に設立された美術館。 …

続きを読む


「絵を見るとき、あなたは何を見ているの?」展【プレンゼントあり】

  • 開催日時:2019年6月29日(土)~8月25日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

古来、絵はどのようにして生まれて、鑑賞する側はそこに何を見ようとしているのかについて、さまざまな角度から探る企画展。とちぎ版文化プログラム“リーディングプロジェクト事業”として開催される。 現在、私た …

続きを読む


没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月2日(火)~8月25日(日)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで。入場受付は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:8月5日(月)

京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻(てんこく)の分野で活動していたが、1915(大正4)年に作陶を体験したのをきっかけに、生来の食に対する関心から、「料理の着物」として …

続きを読む


「Wandering Wonder -ここが学ぶ場-」展

  • 開催日時:2019年5⽉22⽇(⽔)〜9⽉1⽇(⽇) 11:00-19:00(入館は閉館30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は開館し、翌火曜休館)

同館が保管する建築模型作品の中から作品を紹介する特集展示の第四弾。 幼稚園、学校、⼤学などの教育施設や、図書館、美術館といった⽣涯学習施設の枠にとどまらず、福祉施設、体験型学習施設、アフタースクール、 …

続きを読む


企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか

  • 開催日時:2019年6月29日(土)〜9月1日(日)9:00-17:00(入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、7月15日と8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

日本における陶芸の近代化を牽引した作家の一人、富本憲吉(とみもと・けんきち)の回顧展。富本芸術のいわば入門編として開催される。 富本は1886(明治19)年、現在の奈良県生駒郡安堵町の生まれ。東京美術 …

続きを読む


MAY I START? 計良宏文の越境するヘアメイク

  • 開催日時:2019年7月6日(土)~9月1日(日)10:00-17:30(入場は17:00まで)
    休館日:月曜(但し、7月15日、8月12日は開館)

計良宏文(けら・ひろふみ)は、株式会社資生堂のトップヘアメイクアップアーティスト。自社の雑誌広告や、パリコレクションといった国内外のファッションショーなどの場で培ってきたヘアメイクアップの技術とセンス …

続きを読む


横浜美術館開館30周年記念  生誕150年・没後80年記念
原三溪の美術 伝説の大コレクション【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月13日(土)〜9月1日(日)10:00-18:00(但し、金・土曜は20:00まで開館。各日とも入館は閉館30分まで) 休館日:木曜

原三溪(はら・さんけい、1868-1939)は、近代日本の経済界を牽引した横浜の実業家。本名を富太郎といい、慶応4年(明治元年)に岐阜の庄屋青木家の長男として生まれた。東京に出て、現在の早稲田大学で政 …

続きを読む


クリスチャン・ボルタンスキー — Lifetime【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年6月12日(水)~9月2日(月)
    10:00-18:00(毎週金・土曜は時間延長あり:6月は20:00まで、7・8月は21:00まで、入場は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:火曜

現代のフランスを代表するアーティストのひとり、クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)の大回顧展。 ボルタンスキーは1944年パリ生まれ。1960年代後半から現在まで、写真、書籍、映像、電球、衣服 …

続きを読む


太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月13日(土)〜9月8日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)
    休館日:月曜 *但し、7月15日(月・祝)および8月12日(月・振休)は開館し、7月16日(火)および8月13日(火)は休館

洋画家の太田喜二郎(1883-1951)は京都に生まれ、東京美術学校(現在の東京藝術大学)卒業後、師の黒田清輝(1866-1924)の勧めでベルギーに留学し、帰国後は点描表現で農村風景を描いた明るい洋 …

続きを読む


子どものための建築と空間展

  • 開催日時:2019年7月27日(土)〜9月8日(日)9:00-18:00(入館は17:30まで)
    休館日:8月19日(月) ※一部作品は、前期(7月27日~8月18日)、後期(8月20日~9月8日)で展示替えあり

子どもたちの生活の中心となる学びの場・遊びの場としてつくられた建築と空間のなかから、日本の近現代史において試みられた先駆的かつ独創的なものを紹介する展覧会。 日本の近代教育は明治時代の幕開けとともに始 …

続きを読む


木工藝 清雅を標に-人間国宝 須田賢司の仕事-

  • 開催日時:2019年8月2日(金)~ 9月20日(金)10:00-18:00(最終日は17:00まで)
    休館日:日曜・祝日、8月10日(土)~ 18日(日)

木工藝家・須田賢司(1954-)の仕事を通じて、日本の木工の歴史をはじめ、伝統の指物から総合芸術たる「木工藝」へと昇華させた工芸の最先端の世界を紹介する企画展。 日本伝統の木工芸技術は古代から今日に至 …

続きを読む


「粟津潔 デザインになにができるか」展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年5月18日(土)〜9月23日(月)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
    休館日:月曜日(但し、7月15日、8月12日、9月16日、23日は開場)、7月16日(火)、9月17日(火)

今年で没後10年を迎える、戦後日本のグラフィック・デザインをけん引した粟津潔(1929-2009)の活動の軌跡を追い、当時およびその後の美術界や社会に与えた影響についても改めて捉え直す企画展。粟津潔の …

続きを読む


Archives: Bauhaus

  • 開催日時:2019年6月28日(金)~9月23日(月)10:00-21:00 会期中無休(但し、店舗休館の場合は、 それに準じる)

第一次大戦で敗戦国となったドイツでは、国ではなく個である芸術家たちによって、芸術と産業との融合を目指す気運が高まった。産業革命後に欧州で加速する大衆文化の課題を解決し、新しい時代の理想を追求する、先進 …

続きを読む


アペルト11 久野彩子 都市のメタモルフォーゼ

  • 開催日時:2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)10:00-18:00(金・土曜は20:00まで)
    休場日:月曜(但し、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開場)、7月16日(火)、9月17日(火)

若手作家を中心に、個展形式で紹介する金沢21世紀美術館の展覧会シリーズ「アペルト」の11回目。本展では、金属を扱う造形作家、久野彩子(くの あやこ/1983-)にスポットをあてる。 久野は主に、奈良の …

続きを読む


マイセン動物園展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)
    10:00-18:00(但し、8月2日[金]、9月6日[金]は20:00まで開館。入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:水曜、8月13日(火)〜15日(木)

ヨーロッパを代表する陶磁器ブランドのひとつ、ドイツのマイセン。本展では、動物をモチーフにしたマイセンの陶磁器を集め、その卓越した職人の技と美を、4つの章立てで紹介する。 第1章 神話と寓話の中の動物 …

続きを読む


1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)10:00-18:00(7月26日〜8月30日の毎週金曜は21:00まで。入館は各日とも閉館の30分前まで
    休館日:毎月第2・第4水曜日(7月24日、8月14日、8月28日、9月11日)

本展は、1933年に旧朝香宮邸として竣工し、現在は東京都庭園美術館として利用されている建物の建築としての魅力を紹介する、年に一度の建物公開展。今回は、アール・デコの邸(やかた)として知られる建物の室内 …

続きを読む


バウハウス開校100年
きたれ、バウハウス ーアート/デザインの原点ー【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年8月3日(土)〜9月23日(月・祝)9:30-18:00(観覧券販売は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、8月12日、9月16日・23日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)

1919年、ドイツに開校した造形芸術学校「バウハウス」の設立100年を記念し、当時の教えと学びの実践に迫る展覧会。新潟での展示のあと、西宮市大谷記念美術館、高松市美術館、静岡県立美術館、東京ステーショ …

続きを読む


more thenReason 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展

  • 開催日時:2019年7月20日(土)~9月24日(火)10:00 -18:00
    休館日:水曜、8月10日(土)~15日(木)、25日(日)

「クリエイションの未来展」とは、日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター(清水敏男、宮田亮平、伊東豊雄、隈研吾)を監修者に迎え、各氏が独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した企画展で、監修者を …

続きを読む


Modernity & Elegance-イギリス陶芸コレクション

  • 開催日時:2019年6月15日(土)~9月29日(日)10:00-18:00 (但し、7~8月の土・日曜は9:30-19:00開館、入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌平日休館)

日本六古窯のひとつに数えられる丹波立杭の里にある兵庫陶芸美術館のコレクションで構成されるテーマ展。近現代のイギリス陶芸を代表するバーナード・リーチ(Bernard Leach, 1887-1979)、 …

続きを読む


大竹伸朗 ビル景 1978-2019

  • 開催日時:2019年7月13日(土)~10月6日(日):9:30-18:00(入場は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、7月15日、8月12日、9月16日、9月23 日(月・祝/振休)は開館、7月16日、8月13日、9月17日、9月24日(火)は休館

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与 …

続きを読む


伊庭靖子展 まなざしのあわい Yasuko Iba, A Way of Seeing【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年7月20日(土)~10月9日(水)
    9:30-17:30(金曜は9:30-20:00 ※但し、7月26日[金]、8月2日[金]、9日[金]、16日[金]、23日[金]、30日[金]は9:30-21:00/入室は各日とも閉室30分前まで)
    休室日:月曜(※但し、8月12日[月・休]、9月16日[月・祝]、9月23日[月・祝]は開室)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)

現代作家、伊庭靖子(1967-)の個展。2009年に神奈川県立近代美術館で開催された「伊庭靖子――まばゆさの在処――」以来、美術館では10年ぶりとなる個展であり、東京の美術館では初の開催。 伊庭は、画 …

続きを読む


本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」

  • 開催日時:2019年6月29日(土)~10月20日(日)開館時間 10:00-18:00(展示室への入場は17:30まで) 休館日:月曜(但し、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日は祝休日のため開館し、翌日火曜日休館)

美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、「本」と「美術」の架橋をテーマに連続開催する企画展の第三弾。vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ」、vol. …

続きを読む


TOKYO 2021

  • 開催日時:建築展:2019年8月3日(土)〜24日 (土)、美術展:2019年9月14日(土)〜10月20日(日)11:00-20:00

大手ゼネコンの戸田建設が主催するアートイベント。総合ディレクターにアーティストの藤元明氏、企画アドバイザーに建築家の永山祐子氏を迎え、各分野で活躍する若手アーティストや建築家らクリエイターと共に、TO …

続きを読む


「日本の美 美術×デザイン」 -琳派、浮世絵版画から現代へ-【プレゼントあり】

  • 開催日時:前期:8月10日(土)〜9月16日(月・祝)|後期:9月21日(土)〜10月20日(日)
    9:30-18:00(観覧受付は17:30まで)
    休館日:毎週水曜日、祝日の翌日
    ※8月12日(月)~ 14日(水)、9月4日(水)、10月16日(水)は開館
    ※9月17日(火)~ 20日(金)の4日間は、展示替えのため、本展ならびに展示室3「びじゅチューン!×TAD なりきり美術館」は閉場(9月19日と20日はコレクション展のみ開催)

日本人は古来より、自然の美しい姿を形象化してさまざまな装飾的な表現を生み出してきた。表現の単純化や金銀・色彩による「かざりの美」により、デザイン性の高い独自の様式をもまた生み出してきた。例えば、江戸時 …

続きを読む


塩田千春展:魂がふるえる【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年6月20日(木)~10月27日(日)
    10:00-22:00(但し、毎週火曜は17:00まで、10⽉22⽇[⽕]のみ22:00まで開館。各日とも最終入館は閉館30分前まで)
    会期中無休

ベルリンを拠点にグローバルに活動している現代作家、塩田千春(1972-)の大規模個展。 塩田は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを、インスタレーションやパフォーマンスなどを通じて表現する作家 …

続きを読む


「ちひろさんの子どもたち」谷川俊太郎×トラフ建築設計事務所【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年8月2日(金)~10月27日(日)10:00-17:00(入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(祝休日は開館、翌平日休館)※8月2日(金)~25日(日)は無休

画家で絵本作家のいわさきちひろ(1918~1974)の生誕100年にあたる2018年、東京都練馬区と長野県北安曇郡にそれぞれあるちひろ美術館では、「Life」をテーマに、さまざまな分野で活躍する7組の …

続きを読む


虫展 −デザインのお手本−

  • 開催日時:2019年7月19日(金)〜11月4日(月・祝)10:00-19:00(入場は18:30まで)休館日:火曜(但し、10月22日は開館)

人類の歴史以前からあまた存在する虫を「デザインのお手本」に、虫の多様性や人間との関係性からデザインの新たな一面を学びとることを試みる企画展。 自然を映し出す存在である、虫。私たちの身近にいながら、実は …

続きを読む


華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化【プレゼントあり】

  • 開催日時:2019年8月10日(土)〜11月4日(月・振休)10:00-18:00(入館は17:30分まで)
    休館日:月曜日(但し、8月12日、9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)、8月13日(火)、9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきた。「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産された大倉陶園の製品 …

続きを読む


谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館開館記念展
「清らかな意匠」 ― 金沢が育んだ建築家・谷口吉郎の世界 ―

  • 開催日時:2019年7月26日(金)~2020年1月19日(日)9:30-17:00(入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、月曜が休日の場合は翌火曜休み)、2019年12月29日〜2020年1月3日
    *展示資料の整理のため休館の場合あり

金沢から世界へ建築文化の発信拠点となることを目指した金沢建築館が、7月26日に金沢市内にオープンした。日本を代表する建築家の一人である谷口吉郎(たにぐちよしろう、1904-1979)と、息子の谷口吉生 …

続きを読む