152号「建築と人をつなぐファブリック」9月5日発売です
152号

No.152 9月5日発売

特集
建築と人をつなぐファブリック
Fabrics that Unite People and Spaces


表紙をクリックすると、目次がご覧いただけます

ご購入はこちら

What's New!

KENPOKU_A3チラシ_20160617_版下ol

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭

開催日時:9月17日(土)~11月20日(日)
イベント

茨城県の北側に位置する6市町を主な会場として開催される芸術祭。 テーマは「海か、山か、芸術か?」。およそ20の国と地域からアーティストが参加。プロジェクトを含む約100作品が、開催市町の各会場に展示さ …

続きを読む
20160907meiji_omote

「驚きの明治工藝」展【プレゼントあり】

開催日時:9月7日(水)~10月30日(日)
イベント

太平の世が続いた江戸時代、漆工や金工、刀剣や織物などの日本の工芸各分野は大きな隆盛を迎えた。だが明治の世になると、工人たちは各藩大名および将軍家の保護を失い、新たな表現の場を模索する必要に迫られる。欧 …

続きを読む
《帝国ホテルライト館洋食器》
制作:日本陶器 1955-67(昭和30-42)年
デザイン:フランク・ロイド・ライト 1922(大正11)年頃 
個人蔵

特別展「セラミックス・ジャパン 陶磁器でたどる日本のモダン」【プレゼントあり】

開催日時:9月10日(土)~11月27日(日)
イベント

国内外の動向や芸術様式に呼応して、多様な変化を遂げてきた日本の陶磁器。開国直後の明治初期は、万国博覧会が開催された海外諸国からの需要に応え、江戸期に培われた技巧を凝らした伝統的な意匠が目立つ。欧米でブ …

続きを読む
「Berlin」2016(ink on Japanese Paper 45cm×90cm)
Yusuke Koshima

光嶋裕介 新作展 〜和紙に挑む〜幻想都市風景

開催日時:9月20日(火)〜10月8日(土)
イベント

出展作家の光嶋裕介(こうしまゆうすけ)氏は、1979年米国ニュージャージー州生まれの建築家である。幼少期から10代後半までを奈良、トロント、マンチェスターの各都市で過ごし、早稲田大学大学院(石山修武研 …

続きを読む
平安時代より存在していたと記録されている紙衣(かみこ)で作られる「修二会紙衣」。灯明の煤跡が見られる。所蔵:桂樹舎和紙文庫、撮影:佐治康生

「WASHI 紙のみぞ知る用と美」展

開催日時:9月9日(金)~11月22日(火)
イベント

一部の地域で受け継がれている手漉和紙技術が、ユネスコ無形文化遺産に登録されている日本の和紙。書写利用としてはもとより、襖紙・障子などの建具、漆器の椀の下地、玩具などさまざまな日用品の材料として使われて …

続きを読む
『うろんな客』原画、1957年
© 2010 The Edward Gorey Charitable Trust

特別展「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」 【プレゼントあり】

開催日時:9月8日(木)~10月23日(日)
イベント

不思議な世界観と、モノクロームの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつ、アメリカの作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey, 1925-2000)。日本では河出書房新社から『ギャシュリー …

続きを読む
左官 久住章の道具類

土のしらべ ー和の伝統を再構築する左官の技【プレゼントあり】

開催日時:9月3日(土)〜11月6日(日)
イベント

土や漆喰をつかって壁をつくり、空間の表層をになう左官のしごと。そのしごとになくてはならない鏝(こて)などの道具類の数々や、真(しん)・行(ぎょう)・草(そう)で仕上げの約束ごとが異なる日本の壁を展示。 …

続きを読む
20160909takaokavs

高岡クラフツーリズモ VS 燕三条 工場の祭典

開催日時:9月9日(金)〜11日(日)
イベント

銅器や漆器、螺鈿細工の産地として名高い富山県高岡市の「高岡クラフツーリズモ」、金属加工の産地として全国的に有名な新潟県三条市・燕市の「燕三条 工場の祭典」。北陸地域で開催されている2つのオープンファク …

続きを読む
201609ruff_001

トーマス・ルフ展【プレゼントあり】

開催日時:8月30日(火)~11月13日(日)
イベント

現代ドイツを代表する写真家、トーマス・ルフ(Thomas Ruff)を紹介する展覧会。東京での会期終了後、12月10日から金沢21世紀美術館でも開催される。 日本では初となる大規模個展であり、東京会場 …

続きを読む

新着記事をもっと読む