CONFORTは、インテリア建築設計のノウハウから、最先端のトレンドまで、”インテリアの心地よさをつくる”ために、わかりやすく、内容を掘り下げて、実務的に活用できる専門誌です。

 

次号のご案内

CONFORT No.156

 
発売日:2017年5月2日

■特集 「学ぶ場所、育つ場所」(仮)

2017年6月号のコンフォルトは、学ぶ場所、育つ場所がテーマです。
幼稚園保育園、小中学校、高校、大学といった育つ場と、図書館、コミュニティセンター、塾といった学び場をお送りします。
文教施設・コミュニティセンターなどの設計には不特定多数が利用することを想定したセオリーがありました。ですが、近年では既存のハコモノ設計ではなく、過ごし方・地域性・街づくりなどを考慮した、インテリアが充実した事例が増えています。
地産地消の内装材を用いたい、自然の少ない都会だからこそ自然素材に触れさせたい、勉強に集中できつつも子供が通いたくなるためには、、、つくり手と使い手、両社の気持ちに寄り添い、様々な工夫をこらした、個性的な学び場、育て場を紹介します。

 

■企画「マナビ場アイテムコレクション」(仮)

パブリックな文教施設・コミュニティセンターには機能性とデザイン、2つの面が求められています。
家具や天井などの転倒や落下防止策を設ける、手入れのしやすい床や壁、学びに集中させてくれる防音・防臭製品など、安全やメンテナンスのしやすさといった機能面の考慮をすることで、管理者側のコストや手間を減らし、過ごす人の心地よさにもつながります。
その一方で、利用者それぞれの感情に即した設計や建材・アイテム選びが欠かせません。「マナビ場アイテムコレクション」では、いま求められているトレンドを、アイテムの特徴、事例も含め、わかりやすく掲載します。
<広告対象製品>
構造材、構造金物、建具金物、床材、カーペット、壁装材、ドア、引き戸、間仕切り、塗料ペイント、木質系建材、家具、遊具、昇降機、天井材、設備全般(トイレ、冷暖房、空気清浄など)、etc

 

■Focus「心地よい福祉施設」(仮)

[FOCUS]は、インテリア建材設備をひとつのテーマに絞り、設計手法や製品を詳しく紹介しています。
今回は、介護・老人ホームといった福祉施設を取り上げます。ご存知のとおり、現在日本では高齢化が進んでいます。利用者だけでなく、ケアする側も含めた、「過ごす人思い」の空間作りを叶える製品や設計の工夫をお伝えします
<広告対象製品>
バリアフリー製品、ユニバーサルデザイン製品、引き戸、レール、ハンドル、手すり、機能性製品(防臭・防汚・抗菌・防水など)、etc

 

広告出稿のご案内

■スケジュール

申込締切2017年3月17日(金)
入稿締切2017年3月27日(月)

■広告対象製品

文教・介護施設に用いられる建材、内装材
構造材、構造金物、建具金物、床材、カーペット、壁装材、ドア、引き戸、間仕切り、塗料ペイント、木質系建材、家具、遊具、昇降機、天井材、設備全般(トイレ、冷暖房、空気清浄など)、バリアフリー製品、ユニバーサルデザイン製品、レール、ハンドル、手すり、機能性製品(防臭・防汚・防水など)、etc

■広告料金

目次・特集扉対向4色1頁 ¥750,000
表2見開き ¥1,400,000
特集内4色1頁 ¥680,000
本文4色1頁 ¥600,000
特集内4色横1/2頁 ¥280,000
本文4色横1/2頁 ¥250,000
本文4色2頁 ¥1,100,000
本文1色縦1/3頁 ¥150,000
原稿サイズ
4色1頁 断切り 297×220mm 4色1頁 枠付き 264×188mm
4色横1/2頁 枠付き 127×188mm 1色縦1/3頁 枠付き 264×67mm

編集タイアップ広告も毎号掲載しています。お気軽にご相談ください。

 

企画書ダウンロード

2017年年間スケジュール予定(2016年8月現在)

5/2発売156号企画書

 

お問い合わせ

株式会社 建築資料研究社 出版部
東京都豊島区池袋2-38-2 COSMY-I4階 〒171-0014
tel 03-3986-3230 fax 03-3986-5259
mail:info@confortmag.net