MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020【プレゼントあり】

日本文化を海外へ向けて紹介する2018年の大規模事業「ジャポニスム 2018:響きあう魂」の一環として、パリで開催され、3万人以上の来場者を記録した『MANGA⇔TOKYO』展の凱旋展。令和2年度日本博主催・共催型プロジェクトとして開催される。

都市〈東京〉を映し出してきた日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品と、それらフィクションを注入された現実の〈東京〉の、複合的体験を提供する企画展示。
日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品は、都市〈東京〉の特徴や変化を、鏡のように映し出してきた。特撮映画『ゴジラ』や大友克洋作品『AKIRA』で、時に破壊され、復興を遂げる都市であったり、さまざまな作品で市井の人々の暮らしが描かれたりと、さまざまに描写される都市〈東京〉について、原画や映像、都市模型、制作資料など500点以上の展示物でたどっていく(前期・後期で展示替えあり)。現実の都市の特徴がいかにフィクションに影響を与え、方向づけてきたのか。また、それらのフィクションやそのキャラクターが、現実の都市にいかなるイメージを重層的に付与し、作用をおよぼしてきたのか。建築を含めた意匠論・現代日本文化の研究者である森川嘉一郎氏(明治大学国際日本学部准教授)をゲストキュレーターに迎え、大きく4つの章立てで構成される本展は、日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮の展示であると同時に、そこに映し出され、さらには人々の記憶の中に重ねあわされてきた〈東京〉の姿を浮かび上がらせることを試みる。「聖地巡礼」など、アニメやゲームが観光資源として注目されるなか、その意味や可能性に光をあてる。

会場構成作品一覧
イントロダクション 《1/1000巨大東京都市模型》
セクション1 破壊と復興の反復
セクション2 東京の日常
・2A プレ東京としての江戸
・2B 近代化の幕開けからポストモダン都市まで
・2C 世紀末から現在まで
セクション3 キャラクターvs.都市

※会期中、展示替えあり
前期:8月12日(水)~9月14日(月) / 後期:9月16日(水)~11月3日(火)

information

特別展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
会期:2020年8月12日(水)~11月3日(火・祝)
開館時間:10:00-18:00(入館は閉館30分前まで)※夜間開館を行う場合はホームページで告知
休館日:毎週火曜(※但し、9月22日、11月3日は開館)、9月23日(水)
会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区六本木7-22-2)
入館料:一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
問い合わせ
:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会ホームページ https://www.fashionmuseum.or.jp/

読者プレゼント

この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントします。
メールタイトルに必ず、国立新美術館「MANGA都市TOKYO」展 チケットプレゼント”と明記し、送付先の住所・郵便番号・氏名、年齢と、『コンフォルト』の感想もお書き添えのうえ、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
応募締切:2020年10月9日(金)
ご応募をお待ちしております。

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top