鬼頭健吾+大庭大介+名和晃平 グループ展「太陽」

京都市左京区に、古い邸宅を改修したギャラリー「MtK Contemporary Art(エムティーケー コンテンポラリー アート)」が2021年3月20日にオープンした。
立地は、京都市京セラ美術館や京都国立近代美術館などの文化施設が立ち並ぶ京都の文教地区・岡崎。京都市に本社を構えるマツシマホールディングスが開設したもので、ギャラリー空間は、現代美術作家の名和晃平が代表を務める、現代美術・建築のスタジオSandwichがデザイン監修を手がけた。
外観からはうかがい知れないが、今後は国内外で注目を集めるあらゆるジャンルのアーティストの個展やグループ展を企画・開催していく予定。こけら落としの本展を含め、展覧会のディレクションは、現代美術作家であり、京都芸術大学大学院教授の鬼頭健吾が行う。

京都市左京区「MtK Contemporary Art(エムティーケー コンテンポラリー アート)」外観

「MtK Contemporary Art(エムティーケー コンテンポラリー アート)」外観

施設概要
名称:MtK Contemporary Art
日本語表記:エムティーケー コンテンポラリー アート
営業開始:2021年3月20日(土)
所在地:京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1(smart center 京都, the garden敷地内)
営業時間:10:00-18:00
定休日:月曜
Webサイトhttps://mtkcontemporaryart.com/

記念すべきオープニングの展覧会のタイトルは「太陽」。鬼頭健吾、大庭大介、名和晃平の三人によるグループ展が、5月9日(日)まで開催される。入場無料。

鬼頭健吾+大庭大介+名和晃平 グループ展「太陽」

グループ展「太陽」会場風景(撮影:岡はるか)

鬼頭健吾+大庭大介+名和晃平 グループ展「太陽」

グループ展「太陽」会場風景「名和晃平 PixCell-EVA-01」

唯一絶対の存在を意味する「太陽」の一語に託された本展は、加速する世界を推し進める光の源として、現代絵画の結束したひとつの見方を捉えます。
宇宙から地表を観察する天文図版のような名和晃平の新作シリーズ、ラメや蛍光色を用いて絵画のコスミックな広がりを感じさせる鬼頭健吾、最新のホログラム顔料や隕石から抽出した独自素材で現代の神話を描く大庭大介。

京都に深い関わりを持つ同世代の三作家が見出すのは、幾何学的または流線的な抽象、シンプルで視触覚的な作品の吸引力、宇宙誕生にまで遡る壮大なナラティブ、そして創作者の主観に支えられた着想の強靭な豊 かさであり、それが現代の感性に呼応して不断に更新される姿です。

オープン第一回となる「太陽」展は、現代アートの系譜を京都を中心に捉え直す本ギャラリーの道筋を照らしています。
それは、古来のエネルギーを集め 未来を照射する太陽のように、「いま」という時代の本質と可能性に向き合いながら、素材に眠る驚異的な特性を解き放ち、現代アートにおける思考の豊かさと喜びを回復していきます。

本展協力:SCAI THE BATHHOUSE、Sandwich

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。