第785回デザインギャラリー1953企画展「倉本仁 素材と心中」

東京・銀座3丁目の松屋銀座 7階にあるデザインギャラリー1953にて、プロダクトデザイナーの倉本仁(1976-)のこれまでのさまざまな仕事を紹介する展覧会「倉本仁 素材と心中」が開催されている(主催:日本デザインコミッティー)。
2008年に自身のスタジオ・JIN KURAMOTO STUDIOを立ち上げ、自動車、家具、家電、アイウェアといった幅広い領域のプロダクトデザインを、国内だけでなく海外でも手がけている倉本。多様な素材と格闘の末につくり出されるこれらの作品には、倉本のデザイナーとしての精神が反映されており、それらを紹介する本展のタイトルも、倉本と素材との密接な関係性を象徴するネーミングとなっている。
会期中、会場では倉本がデザインしたプロダククトの一部(COSONCO QS、supernova)が販売されるほか、本展を担当した同年代のグラフィックデザイナー、色部義昭(日本デザインセンター、色部デザイン研究所主宰)とのクロストークも開催される(会場定員あり、要予約)。

第785回デザインギャラリー1953企画展「倉本仁 素材と心中」

information

第785回デザインギャラリー1953企画展「倉本仁 素材と心中」
会期:2023年9⽉13⽇(水)〜11月6⽇(⽉) ※会期中、休廊なし
開廊時間:11:00-20:00(最終日のみ17:00閉場)
⼊場料:無料
会場:7階デザインギャラリー1953(東京都中央区銀座3丁目6-1 松屋銀座7階)
主催:日本デザインコミッティー
協力:アルフレックスジャパン、カンディハウス、国立台湾工藝研究発展中心、ササキ工芸、ソメスサドル、HAY、LICHT Gallery、MEETEE、Nedre Foss
展覧会担当:色部義昭

デザインギャラリー1953 ホームページ
https://designcommittee.jp/

 


 

関連イベント:デザインサロントーク
日時:2023年10月20日(金)18:00-19:00(予定)
会場:7階デザインギャラリー1953 ほか
登壇:倉本仁、色部義昭
参加方法:メールによる事前登録要
定員:約20名
参加費:無料
※参加申し込み方法は、詳細が決まり次第、下記・日本デザインコミッティーホームページにて告知

日本デザインコミッティーホームページ / 本展詳細
https://designcommittee.jp/gallery/2023/09/dg785.html

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。