第23回クリエイションの未来展 隈研吾 監修企画「Multiplication」Powered by historia Enterprise


2020年9月30日をもって閉廊するLIXILギャラリー(東京)における最後の企画展。
清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工家)、伊東豊雄(建築家)、隈 研吾(建築家)の各氏が監修者となり、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した「クリエイションの未来展」の第23回として開催され、隈 研吾氏が本展を監修する。

新型コロナウイルス感染症拡大により、公共空間での人やものとのかかわり方に変化が求められている今、本企画はオンラインで開催される。

本展では、ゲームの企画・開発・販売などを行っているヒストリア・エンタープライズの協力を得て、ゲームエンジンによる新しい3Dの表現を用いて、抽象化された隈氏の建築作品などの展示を体験できる(但し、最低動作環境は条件あり)。
会期中盤の8月26日(水)からは、関連イベントとしてオンライントークの配信も開始される。

Information

第23回クリエイションの未来展 隈研吾 監修企画「Multiplication」Powered by historia Enterprise
会期:2020年8月8日(土)~9月30日(水)
会場:オンライン
主催:LIXIL
技術協力:ヒストリア・エンタープライズ
詳細 https://livingculture.lixil.com/topics/gallery/g2-2008/

関連イベント:オンライントーク「建築・デザインのこれから ―Multiplication, CONNECT/DISCONNECT―」
登壇者:隈研吾(建築家)× 野老朝雄(美術家)× 豊田啓介(建築家、noiz)
司会進行:青野尚子(編集者、ライター)
配信期間:2020年8月26日(水)~9月30日(水)
詳細 https://livingculture.lixil.com/topics/gallery/online-talk/2008/

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。