167号 2019年4月号

特集

特別な体験のためのホテル

Hotels that Provide Chances for Special Experiences

本体1,714円+税
購入はこちら

コンフォルト4月号は、3月5日発売です。

有名観光地に行って、最大公約数的な追体験をしたり、
ガイドブックに載っている名所旧跡を次々に制覇していく。
そんな旧来の旅行に対して、
「自分だけの特別な体験」を求める旅行者が増えています。
インターネット上ではわからない、
生身だからこそ得られる経験を味わいたい、と望む人も
ますます多くなることでしょう。

たとえば、旅を通して、自分の知識や趣味を深めたい。
先人たちの営みや風土を知り、自分のルーツを見直したい。
気に入った土地を何度も訪れて、
出会った人たちと交流を続けたい、など。
ホテル自体も、「特別な体験」のきっかけや拠点になることを
意識する傾向が目立っています。
つまり、単なる見た目の斬新さや贅沢さではなく、
ソフトと一体となったデザインや、その場所だけの物語が
重要になってきているといえるのではないでしょうか。

コンフォルト5回目のホテル特集。
今号では、1泊4900円から100万円まで、
特別な体験を導いてくれるホテルをご紹介します。

目次

共感を広げる拠点
広島県尾道の山の手に「LOG」がスタート
設計 スタジオ・ムンバイ・アーキテクツ、六車誠二建築設計事務所、奥田建築事務所
ビジョイ・ジェイン インタビュー 『東京物語』と志賀直哉

寺社で目覚める旅
1 御嶽信仰と武蔵御嶽神社(東京・青梅)
江戸からいまに続く、山と里の交流

2 仁和寺文化交流プログラム(京都・御室)
世界遺産で過ごす一夜
仁和寺まるごと貸し切りの贅沢さ 文/森まゆみ

3 和空三井寺(滋賀・大津)
一山を包む清浄な気を味わう宿

デザインとビジネスをつなぐ
1 カプセルホテル「ナインアワーズ」
クリエイティブディレクター 柴田文江(プロダクトデザイナー)
「9時間の滞在時間に提供するものを、徹底的に追求しました」

2 KANAYA RESORTS
事業推進室長 大隅勝治(建築家)
「現場で働く人の意見を聞き、数字を突き詰め、現場で粘り強く設計します」

地球に泊まり、風土から学ぶ
MEMU EARTH HOTEL(北海道・大樹町)
STUDIO MEMU/Même/HORIZON HOUSE/Colobockle Nest/Conference Pavilion

まちの音を聴きながら、滞在する
1 京都のまちなか、姉小路、優しい夜と爽やかな朝と
マルダ京都(京都市中京区)
改修設計 藤本信行/バカンス+鈴木直人/coto
監修 松浦秀昭/ヨーガンレール

2 5つの拠点をベースに、京都の暮らしや文化に触れる
ENSO ANGO(京都市下京区ほか)
企画・ディレクション・設計・デザイン 内田デザイン研究所
京の界隈論─ “辻” と “連子格子” の文化 文/武田好史

質の高いホテルのバスルームをつくる
BRAND STORIES ホテルの格にふさわしい水栓選びのために
DORNBRACHT/FANTINI/KWC/AXOR/VOLA/GROHE/KOHLER/HORUS/ZUCCHETTI/SANEI/TOTO
HOTEL-LIKE 水まわり製品カタログ
洗面水栓/バス水栓/シャワー/アクセサリー/洗面器/バスタブ

客室空間を彩る建材
壁装材/床材/ウインドウトリートメント

コラム わたしの好きなホテル
1 街を行き交う人を眺めながら、地元の「生活」が体験できるホテル
SWEETS hotel(オランダ・アムステルダム)
談 長坂常(建築家)

2 多様な視点ですみずみまで体験調査をしながら楽しむ!
AKELAŔE/LES BAIN HOTEL/GRAMERCY PARK HOTEL
文・写真 森井良幸(商環境デザイナー)

3 自然の光も、人工的な光も。心に響くあかりを求めて
Steigenberger Frankfurter Hof/Hanging gardens of Bali/ゲストハウス天界
文・写真 内原智史(ライティングデザイナー)

海外レポート
ハイムテキスタイル(ドイツ・フランクフルト国際見本市会場)
ユートピアを構築するためのオリジナリティ
取材・文 高田真由美

連載
この星の暮らしかた Vol. 12
「固定種」にこだわって自然な野菜を次世代のいのちにつなぐ
野口種苗研究所のタネを見にいく(埼玉県飯能市)
文 中野 純

実測野帳は語る たてものとの対話と旅 第 22 回
市民とともに再生する、松山療養所所長宿舎(台湾)
日式建築を見つめる視点
文・絵・写真 渡邉義孝

先生と学生たちは、いまこんなことを考えている
第31 回 ケンチク学ビバ 
東京大学 生産技術研究所 人間・社会系部門 木質構造学
教授/腰原幹雄

MONOMIRU 話題の商品をクローズアップ
FOCUS 進化するプレゼンの世界

CONFORT NEWS
EVENTS 「子どものための建築と空間」展 /「インポッシブル・アーキテクチャー」展/「ソフィ・カルー限局性激痛」展/「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」展「アートが日常を変える/福原信三の美学 Granby Workshop:The Rules of Production Shinzo Fukuhara/ASSENBLE, THE EUGENE StudioⅡ」展

AWARD 第2回サンゲツ壁紙デザインアワード、受賞作品発表   

GOODS & SPACES スタジオノイの新ショールームオープン/アンビエンテック「TURN」発売/クヴァドラ新作カーテン など

REVIEWS AND REPORTS
Japanese Culture 東京・南青山「即今」オープン
Wiener Moderne 「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新に向けて」
Books 『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』清水義次、岡崎正信、泉 英明、馬場正尊 著  評 水上和磨(まちあかり舎)

バックナンバーと定期購読のご案内
読者プレゼント コンフォルトWEBサイトのご紹介

CONFORT April 2019
INDEX

special feature Hotels that Provide Chances for Special Experiences

 A Foothold that Extend Sympathy
“LOG” has Opened at Mountain side in Onomichi, Hiroshima Prefecture 
Design: Studio Mumbai Architects, Architects Muguruma, Okuda Architecture Office
Interview with Bijoy Jane

A Journey of Awakening at Temples and Shrines
1. The Faith of Mitake and Musashi Mitake Shrine (Ome City, Tokyo)
Exchanges from the Edo Period Between a Mountain and Village

2. Ninna-ji Temple’s Cultural Experience Program (Omuro, Kyoto)
A Night Spent at a World Heritage Site
Luxury is Reserving the Whole Ninna-ji Temple
Text: Mayumi Mori

3. WAQOO Mii-dera Temple (Otsu city, Shiga Prefecture)
The Inn that Relishes Pure Intention Wrapping a Whole Mountain

Interviews : Connecting the Business with the Design
1. Fumie Shibata, Product Designer and Creative Director of the Capsule Hotel“NINE HOURS”
“I Thoroughly Pursued What We Should Offer to Guests for 9 Hours.”

2. Katsuji Ohsumi, Architect and Project Leader of Kanaya Resort
“I Hear the Suggestion from Workers, Decide the Budget Carefully, and then Tenaciously Design the Hotel at the Site.”

Staying in the Earth and Learning from the Natural Features
MEMU EARTH HOTEL(Taiki town,Hokkaido)
STUDIO MEMU/Même/HORIZON HOUSE/Colobockle Nest/Conferense Pavillion

Staying at a Hotel and Listening to the Surrounding City Sounds
1. Spending Gentle Nights and Refreshing Mornings at a Hotel along Anenokoji-dori in the Middle of Kyoto City.
Design: Nobuyuki Fujimoto(Vacances Inc.)+Naoto Suzuki (coto)
Supervision: Hideaki Matsuura(Jurgan Lehl Co.,Ltd.)

2. Experiencing the Daily Life and Culture of Kyoto with 5 Location Points.
ENSO ANGO(Shimogyo-ku, Kyoto etc.)

Planning, Direction, Design :Uchida Design Inc.
Neighborhood Surround Kyoto City – Culture of Street and Renjikoushi Lattice
Text: Yoshifumi Takeda

Making High Quality Bathrooms in Hotels
BRAND STORIES
Faucet Selection Suitable for a Rank of a Hotel
DORNBRACHT/FANTINI/KWC/AXOR/VOLA/GROHE/KOHLER/HORUS/ZUCCHETTI/SANEI/TOTO

HOTEL-LIKE
The Catalogue of Equipment and Water Supply Products
Restroom Taps/Bath Faucets/Showers/Accessories/Basins/Bathtubs

Building Materials Which Colors Guest Room Spaces
Wall Coverings/Flooring Materials/Window Treatments

Columns – My Favorite Hotels
1. A Hotel Giving Local Life Experiences and Views of People Coming and Going into Town
SWEETS hotel (Amsterdam, Netherlands)
Talk: Jo Nagasaka (Architect)

2. Enjoying Every Corner of Hotels from Various Viewpoints through Experience Investigation!
AKELARE/LES BAIN HOTEL/GRAMERCY PARK HOTEL
Text &Photos: Yoshiyuki Morii (Interior Designer)

3. Natural Light and Artificial Light – Appealing to Me with Their Beauty.
Steigenberger Frankfurter Hof/Hanging gardens of Bali/Guest House Tenkai
Text &Photos: Satoshi Uchihara(Lighting Designer)

Overseas Report
Heimtextil – An International Trade Fair for Home and Contract Textiles
The Originality Required Toward Utopia
Text: Mayumi Takata

Series:
Knowing How We Live on Earth Vol. 12
Keeping “Pure Bred Variety” and Connecting Natural Vegetables with the Life of the Next Generation
Going to Noguchi Seed (Hanno-city, Saitama Prefecture)
Text: Jun Nakano

From a Field Notebook ─ a Dialogue and Journey of Old Buildings Vol.22
Renovation of Director Quarter of Matsuyama Sanatorium with Taiwan Citizen
Turning Eyes on “Japanese Style” Architecture in Taiwan
Text, Drawings, Photos: Yoshitaka Watanabe

From the Construction Laboratory of a School Vol. 31
A Professor and Students Consider Various Possibilities.
The University of Tokyo
Institute of Industrial Science
Department of Human and Social Systems Professor: Mikio Koshihara





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。