デイビッド・フィリップス個展 「送られなかったポストカード」

デイビッド・フィリップスはロイヤル・カレッジ・オブ・アートでファインアートを学んだ後、グラフィックや建築の仕事を手掛け、また20年以上に渡りロンドンの美術大学で教鞭を取ってきた。

多岐に渡るアートやデザインの仕事に携わってきたなかで、近年「絵」による表現に回帰している。

今回の展覧会では、ポストカードサイズの小作品を中心に80点余りを展示する。

以下、アーティストの言葉。

COVID のパンデミックで、 すっかり旅が出来なくなってしまった。行きたいところに行けず、国外の友達にはさっぱり会えない。そんななか旅をすることと、どこにも行かないことに、 そんなに大きな違いがないように思い始めた。はるか昔に終えた旅、 そのことは心の風景や記憶として残っている。 思い起こせば、子供の頃は旅先からよくポストカードを送ったものだった。旅をした裏付けというか、 証拠を残したい思いから送ったのだろう。 そんなメランコリックでノスタルジックな想いから、 ポストカードサイズの絵を描き始めた。ここで描かれているのは、現実と私の想像がミックスした風景である。記憶をたぐりよせ、 誤りに甘んじて描いた 「記憶を詰め込んだもの」 とでもいうべきか。とはいえ、現実世界と同じだったり、 さほどの違いはないかもしれない。そこに挿入された私の r想像」は、こんな風景を創りたいというビジョンだったり、夢の記憶だったりする。

これまでたくさんのポストカードを集めてきた。百年以上前のものも多い。切手が貼られ、 誰かに送られたらしきものもあるが、 そのほかは一度も送られた形跡がない。忘れられた日々、 語られなかった事、 会えなかった人。送られなかったポストカードを見ていると、 どんどん想像が膨らんでくる。私の絵を手に取り、 記臆の彼方にある光景を掘り起こし、 想像の翼を広げていただけたら、 と思うのである。

 

information

デイビッド・フィリップス 個展
「送られなかったポストカード」
会期:2022年10月1日(土)~10月10日(月)
会場ギャラリー久我
所在地:東京都世田谷区弦巻2-33-26 Flex弦巻 102
時間:11:00-18:00

David Phillipsインスタグラム@_tenfields_

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。